2019年02月20日

象牙だ!!

 昨日、生徒さんが象牙のカポタスト、フラメンコ風に言えばセヒージャ(cejilla)を持ってきてくれた。

去年、知人から象牙の切れ端をまとめて頂いたのだが、不器用で面倒くさがり屋の私には、ゴミ同然だった。
そんなことを、レッスン時に話をしたところ、生徒さんの一人が“それで何か作りましょうか!?”と言ってきた。
聞くところによると、プロたちが使う工作機械をたくさん持っていて、自分で自宅のウッドデッキを作ったり、棚を作ったり、ギターの骨棒を作ったりしているとのこと。
ということで、頂いた象牙の切れ端すべてを贈呈した。ま、そのうち何か作って持ってきてくれるかも!?と、大して期待もしていなかったのだが‥‥。
それが昨日、オリジナルで作ってみたので‥‥と、持ってきてくれたのがコレ、とても素人の作には見えない仕上がりになっていた。締まり具合も絶妙で、さすが自分でも使うだけあって、ギタリストの好みを知っているようだ。

cejilla.jpg

ついでに、私の所有しているお気に入りのコンデ用の骨棒も数本作ってきてくれた、嬉しい限り(^◇^)
やはり象牙の骨棒は音が違いますからね〜!(^^)!

後日、今回とは違う材料でカポタストを作ってきてくれるとのこと、楽しみに待つことにしよう。
しかし、器用な人だな〜、と感心してしまう。
話によると、どうやら近々、ギターの製作も始めるらしい。しかも、ネグラ、つまり両用タイプのギターらしい。
その為の材料もほとんど手に入れているとのこと、これも楽しみに待つことにしようと思う。
しかし、器用な人が羨ましい‥‥!!



【タマ〜に書く日記の最新記事】
posted by 羊飼い at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2019年02月18日

ネコだけに‥‥

 こんにちわ、サラで〜す('◇')ゞ

 最近、ご主人様のお仕事の邪魔も習慣になりつつあるようです。
これといって叱られることも無いので、ちょっといい気になっているかも‥‥ ^^) 

今日、いつものようにご主人様の膝に飛び乗ったら、何やらサラの気を引くものがありました。
今まで見たこともないモノのようです。
ちょっと触ってみたら、カチャカチャと音がして、面白い感触でした。

sara_mouse-01.jpg

sara_mouse-03.jpg

猫だけに、マウスが気になるようです(^◇^)

posted by 羊飼い at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のマイケル&サラ

2019年02月17日

おバカな分析?

 昨夜遅く、長年アマチュアフラメンコギタリストを続けている知人から問い合わせのメールが届いた。
“今さら訊くのも恥ずかしいというか、アホと思われると思うのだが‥‥。
実は、右手のタッチについていろいろとネットで調べたり気にしながら練習しているのだが、考えれば考えるほどタッチというのがわからなくなってしまって‥‥。悪いけど‥‥教えて<(_ _)>”だとさ‥‥(^-^;
何をいまさら‥‥と思ったのだが、緊急事態らしいのでSkypeを使って教えてあげた。15分で解決。
高額請求のメールを送りつけてやった(^▽^)

ところで、どこのサイトに書いてあるか教えてもらってみたところ‥‥正しくガセネタだった。
匿名で書いてあるページで、フラメンコについてガセネタウンチクが網羅されている。
ここまでひどいガセネタだらけとは‥‥腹が立つ以上に飽きれた。

フラメンコの歴史なんぞは、アチコチで沢山書かれているので(中には怪しいモノもあるが‥)、今更自分だけが知っているような態度で書く必要は無いと思う。
それにリズム形式についての説明‥‥半分以上がインチキだった。
どれだけ自分が弾けるのか‥‥ぜひとも聴かせていただきたいものだ。どうせ大して弾けないのが文面からも理解できる。
それが最も現れている一文が‥‥“パコ・デ・ルシアは弦に対して垂直なタッチで弾いている‥‥”だとさ‥‥(^-^;
笑ってしまう。ガセネタ&インチキ&おバカ‥‥そして知識も知恵も無い人の言うこと。
こんなタッチで弾けるとしたら、ごく特殊な指の関節の付き方をしている人以外、まず無理!!
大昔の“ろくに弾けないギターの先生たち”が言っていたことと同じようです。
実は私も、こんなでたらめなレッスンを受けていた時期がある。
私の場合は、たまたま運良く故溝渕浩五郎先生に師事する機会があり、事なきを得ることができたのだが、運の悪い人が“弾けない素人”のウンチクに触れてしまい、それを信じてしまったら、取り返しがつかなくなってしまう恐れがあると思う。
罪以外の何物でもないだろう。

今では簡単にホームページやブログなどを開設できるので、そこに“匿名”で無責任なことを書き綴っている輩が多いようです。困ったものです(@_@)
前にもどこかで書いたことなのだが“弾けない奴の言うことを聞いていたら、自分も弾けなくなる‥‥”と某師匠が言っていた言葉を聞かせてあげたいと思います。
その某師匠は“高いところに上ったことの無い人には、高いところの景色は見えないのだ!!”とも言っていました。
聞きようによっては、ちょっと生意気にも聞こえるし、感じも良くないとも思うのだが‥‥ウン、そうなんだろーな〜!!、と私も納得した次第、以後、実際に目の前でお手本を見せて聴かせてくれた人以外の言うことは、信用しないようにしてきた。

しかし‥‥パコ・デ・ルシアさんは、弦に対して垂直のタッチでは弾いていないんだけどね‥‥!?
何十回も目の前で目撃しているので‥‥('◇')ゞ
何かの偶然で?この書き込みを見た人は、どうかご注意ください。
ガセネタに踊らされてしまっては、時間と手間と、場合によってはお金の無駄になります。
怖い‥怖い‥‥。

posted by 羊飼い at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋