2018年12月17日

小指の想い出

 なにやら懐かしき昭和歌謡の曲名のようなタイトルを付けてしまいました。
フラメンコギターでは左手の小指をチョコチョコと動かす場合が多いようです。
更に薬指が絡んだ場合は、かなり“もつれて”しまう人を多く見かけます。
指の独立性・自立性が乏しいからだ!!‥‥なんて、私も大昔に先生から叱られたことを思い出します。
小指の苦く哀しい想い出‥‥です(-_-;)

しかし、もちろん指の独立性・自立性は、ある程度は必要なのですが、それだけですべてを解決することは難しいようです。
ある種の連動性というものも必要になってくるようです。
ということで、練習時に小指を使いづらく感じている方は譜面を見ながら読んでみて試してみてください。
もし、不便を感じていない方はパスしてください(^^ゞ。

koyubi-1.JPG
1.
 コロンビアーナスで出てくるパターンです。
初めに押さえたコードの形は、押さえたままで弾くようにしてください。
また、2小節目の1拍目でのミのコードですが、譜面には書いてありませんがD弦2フレットの“シ”も押さえて弾くようにしてください。
譜面に書かれていないので弾かない、つまり押さえない‥‥ということではあませんのでご注意ください。

2段目では低音の動きを、ちょっとだけ遊ばせてみました。
お陰で左手の押さえ方の変化が、少しばかり忙しくなります。練習のためと考えて頑張ってください。

特に注意したいことは、スラーでしょうね。
スラーの音を強くても強くなくても“ハッキリ、クッキリ”と指を動かせて響かせるようにします。でないと練習になりません。

いかがでしょうか‥‥!?
軽快なコロンビアーナのリズムとテンポで弾ければOKです。
どこかの音で突っかかる、指が動かない、という方は基本練習が不足しているか、指の筋力?が足りない可能性があるかもしれません。
ちょっと気にして基本練習をするようにしましょう。

koyubi-2.JPG

2.
 大昔のブレリアスの一節です。
4小節目の最後からのオクターブ奏法?は、フラメンコの世界では“リカルド節”と呼ばれていました。今はどうかは分かりませんが‥‥!?
小指をハッキリと動かさなくては‥‥と思い過ぎると、セーハが甘くなってしまいます。
指先だけではなく“付け根”から大きくハッキリと動かすようにしてみてください。

ちなみに、冒頭のリズムは“1-2-3-4-5,1-2-3-4-5,1-2”というリズムの感じ方になっています。
そして、キメの10拍目の直後の11拍目のコルベからファルセータが始まっている‥‥と感じるようにしてください。
12拍目から音を出しているから、12拍目から始まっている‥‥なんて感じないようにしてください。
といっても‥‥無理かな〜(^-^;

koyubi-3.JPG
3.
 2.のファルセータの終わりの部分です。

POS.7で左手は薬指と小指が動きます。
右手は逆指の連続‥‥モッツァレラチーズではありませんが‥‥もつれます(^^ゞ。
このファルセータは大昔、それも60年以上も前のモノだそうで、私が習った時はテンポが♩=240〜250くらいで練習させられました。
もちろんゆったりとしたテンポで弾き始めますが、そのテンポでも指を大きくハッキリと動かして練習しないと、テンポが速くなったら弾けなくなってしまうようです。
アナウンサーさんたちの多くがアゴと口を大きくハッキリと動かしてする発音練習‥‥みたいな感じで、指を大きく動かして弾くようにしてください。
テンポが速くなるにつれて自然と動きは小さくなるようです。
前述の♩=240〜250くらいで弾けるようにしましょう!!

健闘を祈ります
mano-2.jpg


posted by 羊飼い at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋

2018年12月15日

胸キュンの話し

 ちょっと安っぽい表現を使ってしまったが、何かしらの感動を受けた時には誰でも胸がキュンとなると思う。
好きな人と逢った時、素敵な映画を観た時、そして素晴らしい音楽に触れた時など、いろいろあると思う。

この“胸キュン”というものは、どうやら胸腺と関係があるような気がする。
といっても、医学的な専門知識など持っていない私が、分かったようなことを書くと“素人のバカが何を言っているんだ!!”と知識人たちから猛攻撃を食らうでしょうね。

しかし、今までの私の経験から言わせていただくと、心に葛藤や恐怖、そしてストレスなどを感じた時にも胸が苦しくなる、いわゆる一種の“悪い胸キュン”状態になる。
胸が息苦しくなったり、つまった感じがする。でも、これは脳の働きなのだろうか‥‥!?
もし、医学的な専門知識のある方がいらっしゃったら、教えて欲しいと思うところです。

聞いたところによると、胸腺というものは思春期の頃が最高で、その後は急速に萎縮してしまう‥‥ということだった。
つまり、胸腺も老化してしまうらしい‥‥哀しい現実ですね。

ところが、立場を替えて考えてみると‥‥
例えばヨガの世界では胸腺は第4チャクラ(ハートチャクラ)と呼ばれ、魂の世界と物質の世界の橋渡しをする重要なチャクラ‥‥と考えられているようだ。そして、年齢に関係無く鍛えることができる、という。嬉しいお言葉!!
ということで、良い感動を得られた時、心が開放され心地良い気分になりますね。
この時、胸腺の萎縮が緩む、第4チャクラは開かれる‥‥そんなことになるらしい。

現実に、今までに何度かこのような経験をしたことがある。
な〜んて言うと、何やら怪しい宗教の信者か薬物使用者のように思われるかもしれませんね。

自分の前に広い空間が拡がっている感じ、重力も感じないし、音も遠くに感じる。
お客さんが誰もいなくなってしまうような感じもする。
とても広い空間の中で、自分の奏でるギターの音だけが響きわたっている‥‥そんな感じかな〜!?
とても満ち足りた気分になるようです。
そんな気分をもっと味わいたい‥という思いで、今でもギターを弾いている‥というのが正直なところでしょう。
お客さんが居る・居ないは関係無いようです。ギターを弾くことにより、より豊かな“良い胸キュン”を味わいたい‥‥ただ、それだけのようです。

乱文にて‥‥
チャクラ.JPG

posted by 羊飼い at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2018年12月09日

何か‥訳でも‥‥!?

 ちわ〜っ、サラで〜す ^^) 

なかなか遊んでくれないご主人様に、ちょっとばかり“すごんで”みました。

ねぇ〜っ、遊んでよ〜!!
IMG_20181107_192500.jpg


それとも、何か遊べない訳でもあるの‥‥!?
IMG_20181111_204841.jpg


posted by 羊飼い at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のマイケル&サラ