2019年11月05日

今更ながらのゴルペ-1 改訂版

 ゴルペ(golpe)、スペイン語で"叩く"という意味であることは、フラメンコギターを弾いている人なら誰でも知っていると思う。
しかし、ゴルペが使われる意味・意義、そして用法ということになると、意外と知らない人が多いように感じる。
"ゴルペなんて、ゴルペ板をトントンと叩けば良い‥‥"ぐらいの知識しか持ち合わせていない人が多過ぎるように感じる。
結果、ゴルペをするたびに手・手首を、ひどい人は前腕まで動かしてしまったり、或いは全く意味の無いゴルペを使ってしまったり‥‥ということになっているようです。

ということで、真剣にフラメンコギターに取り組んでいるであろう少数の人たちに、ゴルペについて考えて欲しいと思い、ごく初歩的なことについて書いてみようと思った次第です。

ゴルペの主な使い方には、基本的には下記の場合があります。
1)単独で使う場合
2)i と使う場合
3)pと使う場合

ただ、使う意味としては、アクセントの時に使う‥‥という場合だけではありません。
そのあたりの、ごく基本的なことを考えて欲しいと思います。
なお、すでに完璧なゴルペができる、と思い込んでいる人、小難しいことや理屈?には拒否反応を示してしまう人たちはパスしてください(^^ゞ
ちょとでも興味のある方は譜面を開いて読んでみてください。
ブレリアスのリズムで練習します。
golpe-i.JPG
1.
 単独で使う例です。
何ということの無いゴルペですが、ここで気を付けて欲しいことは"なるべく手首・前腕が動かないようなゴルペをする"ということです。動かさないように、ではなく、動かないようなゴルペ、ということです。
また、ゴルペは基本的にはa(薬指)単独で動かす、という気持ちで行うようにしてください。
そして"打つ・叩く"というよりも"しっかりと指先を置く"くらいの感じで構わないようです。
特に1拍目では叩く感じ、2拍目では置く感じでゴルペしてみてください。そして、3拍目では2拍目でゴルペした薬指がゴルペ板から離れる時に↓iを弾く感じになります。
くれぐれも"↓iを弾く前に薬指がゴルペ板から離れる"ということは避けるようにする必要があります。リズムの感じ方の問題でもありますが‥‥。
語呂で言えば、"トン、トン、パー"や"トン、トッ、パー"ではなく、"トン、トー、パー"という感じとも言えるかもしれません。
もちろん、気分などによって強さやストロークの大きさは変化します。当然ですね。
ここでは基本的な6拍単位のリズムを感じながら弾くようにしてください。

2.
 1.のバリエーションです。
基本的なリズムを打ちながら、躍動感を感じさせる3拍目で i を使います。
このコンパスでは10拍目と11拍目でキメています。
12拍単位でのブレリアスでは10拍目でキメるというのが基本ですが、基本的な"1-2-3"の流れを強く感じる場合は、キメが11拍目まで流れることが多いようです。分かるかな〜('◇')ゞ

ちなみに、3拍目での↓↑の方向に気を付けて繰り返してみてください。

3.
 ちょっとブレリアスらしくなっています。それも"1-2-3-4-5,1-2-3-4-5,1-2"のリズムの括りの例です。
やはりここでもゴルペの入る位置・拍に注意してください。
できれば丸暗記して欲しいところです。

さと、ここで気にして欲しいことはごルぺだけでなく i の動きの速度の違いです。
例えば2.の1小節目の1拍目の裏の↓i と、1.の3拍目の↓i では i の動くスピードが異なっていることに気が付いたでしょうか!? 何度も弾き比べしてみてください。
この違いが理解できないと、フラメンコのコンパス感が身に付きづらくなってしまうのです。しつこく何度も弾き比べをしてみてください。

次回ではpとゴルペについて考えてみます。

posted by 羊飼い at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋

2019年11月04日

お友達‥‥!?

 こんにちわ、サラで〜す(^.^)
最近、お外を眺めていたら何人、いや何匹かのネコさんたちがサラに会いに来るようになりました。

amigos-03.jpg

ご主人様にお願いして写真を撮ってもらいました。

amigos-02.jpg

amigos-05.jpg


まだ他にも何匹かいるんですが‥‥仲良くなれると嬉しいのですが‥‥!?
楽しみが増えました(^^ゞ

posted by 羊飼い at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のマイケル&サラ

2019年10月26日

これぞ大聖堂


 フラメンコネタから外れてしまいますが、以前に紹介したと思っていたのですが、まだだったようです。
ということで、これぞ『大聖堂』の模範演奏動画をリンクしました。
お馴染みの部分は後半4分56秒あたりから、です。
ちなみに、演奏しているのは日本が生んだ真の天才ギタリスト山下和仁さんです。

山下さんは1961年長崎県長崎市に生まれ、幼い頃からお父上の山下亨氏からギターを学び、16歳の時にはラミレス(スペイン)、アレッサンドリア国際(イタリア)、そしてパリ国際(フランス)の世界三主要ギター・コンクールに、いずれも史上最年少記録の16歳で1位となっています。
ただ、日本では1位になったことがありません‥‥不思議ですね〜(@_@)
今年も来年もコンサートが日本各地で催され、そして予定されています。
時間と興味のある方は、ぜひ足を運んで実際に天才の音に触れてみてください。


posted by 羊飼い at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記