2017年01月23日

ヘレスの子供たちのブレリアのリズム練習

 以前から “ブレリアスは12拍から始まると思っているのは大いなる誤解” と言い続けているのだが、なかなか信用してもらえない。
日本では間違った音楽教育を受け続けているのが原因、或いは、なんでもかんでもクラシック音楽を基本と考えて他の音楽、特に民族音楽を捉えようとする“誤った考え方”が主流をなしているせいだろう。

外国語を習得するとき、例えば日本人が英語を学ぶとき、“What time is it now?” を聞いて“掘った芋いじるな” とは、今では言わないでしょう!?
実はフラメンコのリズムなどを考え・感じ取ろうとする時に、それと同等な現象?が起きているらしい。
笑ってばかりは、いられない時代になっているというのに‥‥(-_-;)

なんとか説得力のある説明を‥‥と常々考えているのだが、今日、ネット講座を受講してくれている人から教えられたのが下記の動画。
ヘレスの子供たちのブレリアのリズム練習、とでも言える動画です。
ただ、これだけでは足りないのだが、少なくとも“ブレリアスは12拍から始まると思っているのは大いなる誤解” ということが理解できる、或いは理解できるようになるきっかけには、なるかもしれないと思い、急遽取り上げた次第です。

キメである10拍目を “一緒に感じ”て から、“11-12,1-2-3,4-5-6,7-8,9-10”と基本リズムを感じるように練習していますね。
真似してみてください、癖が付くまで‥‥。

また、2分44秒くらいから左の子がリードして“1-2-3”と数えていますが、これは“6-7-8-9-10”の拍です。
つまり“1-2-3-4-5,6-7-8-9-10”という“くくり”の後半を2拍づつ感じている、ということです。

大昔は“大きな3拍子”という言い方で“6-7-8-9-10”の6〜7拍目を1、8〜9を2、そして10が1拍だけ、つまり“小さな1拍”という感じ方で教えていました。
そして11拍目から一緒にリズムに乗る‥‥ということを繰り返します。

文字だけでわかるかな〜!?
ま、何度も動画を見て、動画の後半では一緒にパルマをたたいて練習してみてください。

ちなみに、3拍目の感じ方と、キメが10拍目だけの場合と11拍目までキメの流れが続く時がありますが、とりあえずはこの動画を繰り返してみて感じ続けてください。

ちなみに、以前のページで、ブレリアスのリズムについてザッと説明していますので、併せて読んで頂けたら分かりやすいと思います。
(画面左上の《検索ボックス》に“リズムにおけるアーティキュレーション”と入力してください。所定の記事にアクセスできましたら、タイトルをクリックすると記事がフル表示されます。)
palma.JPG
※写真をクリックしてください

※私たち日本人が誤解しているリズム、他にも、た〜くさんあるんですよ!!
posted by 飯ヶ谷 守康 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178515800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック