2017年02月03日

今更ながらの‥ラスゲアードの基本

 ひたすら弦に爪を当てて指を動かせば、ジャラジャラとラスゲアードができます。
しかし、自分の好みの音が出るようになるまでは、ちょっとばかり時間がかかりますね。
さて、ここで“今更ながら”ラスゲアードの基本について復習してみましょう。
そもそもラスゲアードの意味?、使い道としては次の2通りが主なモノになると思います。
(特殊な使い道は省略!)

1.リズムを表現する
2.コードの響きを持続させる

また、その時の気分、形式によって強く弾いたり、軽く弾いたり‥と様々な弾き方・音に変化するのは当然のことと思います。
ここでは“超基本”の指の動かし方だけ取り上げてみたいと思います。
しつこいですが、気分、形式、TPOは無視、ということで了解してください。

私が大昔日本で習った、覚えたラスゲアードが下記の構え方でした。
mal-1.jpg mal-2.jpg

この状態から“弦に爪をぶつけるように”弾くのがラスゲアード、だとさ‥‥。
このような“構え”では、悪い意味で画一なラスゲアードの音しか出てくれません。
いくら強弱、つまり力をコントロールしたとしても、金太郎飴的なラスゲアードの音しか出せません。
心とは全く連動しないのです。
何の疑いも持たず、日々ガチャガチャ、ジャラジャラとラスゲアードの練習をした日々が呪われる。

当時、入手できた数少ないレコード(CDなんて無い時代の話!)の音を聞いて感じたのだが、自分の音とは別次元に感じた。
“う〜ん、もっと練習すれば、メルチョールさんやパコ・ペーニャさんのようなラスゲアードができるんだろうな!?”‥‥という、全くもって大きな勘違いをしていたのが悔やまれる。

後に、スペインに修行に行った時、某舞踊スタジオに出入りしていたプロのギタリスト、そしてプロを目指していた準ギタリスト?たちから“お前、ヘンなラスゲアードしているな!!”と言われてしまった。

--途中省略--

そして、皆から教えてもらった正しいラスゲアードの基本的な指の使い方・動かし方をご紹介しましよう。

rasgueo.jpg ※写真をクリックすると動画が見られます

これがラスゲアードの“絶対基本”の動かし方、だそうです。
この動かし方に気分、形式による感じ方が加わることで、様々なラスゲアードに変化していく、ということです。

例えば、怒りや不条理を感じた心でラスゲアードをするとしたら、指先・爪が弦から少し離れたところから“叩く”ような動かし方になったり、指の動かす幅が変化したり‥‥いろいろな“心の状態と連動した”ラスゲアードができるようになります。

また、別の言い方をすれば、ラスゲアードの基本として次の2通りに分けて考えることもできる、ということでした。

1.擦るラスゲアード
2.叩くラスゲアード

“擦るラスゲアード”は、最も基本的なモノで、“サラ〜ッ”としたラスゲアード。
“叩くラスゲアード”は、心に“怒り”等の感情が湧いた時に、弦に対して気分を叩きつける(ぶつけることとは別)、という時に良く使われる、とのことでした。
シギリージャスやブレリアスのキメなんかで使われますね。

いずれにしても、方法論としてではなく、心の表現によって、様々なラスゲアードがあるということです。
その為には、基本的な“擦るラスゲアード”が出来なくては話にならない、ということでした。

ひたすら練習してみると“おっと、レコードで聴いたことのあるラスゲアードみたいになってきた”‥‥という結果になりました。メデタシメデタシ‥‥。

ラスゲアードに悩んでいる方、ぜひお試しください。
悩んでいない方は‥‥無視しましょう(^.^)

posted by 羊飼い at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178647768
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック