2017年02月22日

アポヤンドの秘密-2(作用と反作用)

 何やら物理の超入門編のような書き込みになってしまいます。
心の世界でも言われる“作用と反作用”ですが、アポヤンドでも重要なポイントになります。
ちなみに、これは本場の某ギタリスト(事情により匿名)に指摘されたことの受け売りです、まずは、ご了承ください。

さて、何事もしなければ何事も起きません。当たり前ですね。
何かしらのエネルギーを対象に与えた時、同じ大きさのエネルギーを受ける‥‥ということですね。(但し、本物の物理に詳しい人は別のことを言うかもしれませんが‥!?)
あくまで基本的な感じ方・考え方として理解してください。
また、対人関係においても、この作用・反作用の原理が働くそうです。
某怪しい宗教でも同様のことを言っていましたね。

ま、それはともかく‥‥
例えば@弦に弾弦のためのエネルギーを与えたとします。
その時、アポヤンドしたA弦から同様のエネルギーが指先に与えられることになります。
勿論、厳密に言えば@弦の抵抗によって、多少はエネルギーの低下・軽減はあるのですが、反作用のエネルギーを指先で感知できるかどうか‥‥ということが重要なポイントになります。

かなり以前からネット講座でも普段のレッスン時でも“フォロースルーをしっかり‥”という助言をしているのですが、なかなか実感できる人が少ないのが哀しい現状です。
この“フォロースルーをしっかり‥”ということが作用・反作用を感知・自覚するためには不可欠なのです。
野球のバッティング、ピッチングや、ゴルフのスィングでも言いますね!!。
ギターの弾弦でも同様なのです。

音が出た直後に力が弱くなったり、力が抜けてしまう人が多いのは、この“フォロースルー”が弱かったり小さかったりするのが原因のほとんどのようです。
結果、音に説得力がない、音は出ても響かない、そして“指の動きのスピード感”が足りなくなってしまうようです。

昔、天才肌のクラシックギタリストのW氏が“瞬間弾弦、そしてハッキリと弦を掴んでください”といろいろな場で指摘していましたが、まさに作用・反作用をしっかりと感知・自覚してください、ということだったようです。
まさかフラメンコギタリストからも同様のことを指摘されるとは‥‥考えても見ませんでした。

以後、基本的、且つ本当のアポヤンドを身に付けるべく、毎日5〜6時間のアポヤンドだけの練習に明け暮れました。
すると、メトロノーム(昔のアナログタイプ)の重りが、どんどんと下げてもハッキリと弾けるようになりました。
つまり、速く弾けるようになったということです。

初めは2連符?、そして弾けるようになったら重りを下げていき、一番下のところでも弾けたら、元に戻して今度は3連符、それでも弾けるようになったら4連符‥‥そして、ついに重りを外しての4連符が弾けるようになった時、このアポヤンドを教えてくれた某ギタリストに食事を奢りました。といっても貧乏でしたから大した食事ではなかったのですが、彼は大いに喜んでくれました。

という私の経験から言うのですが、某ギタリストの言ったこと、そして天才肌のクラシックギタリストのW氏が言っていたことは間違いなかったと実感しています。
もし、出すだけ、出るだけのアポヤンドを“響く”アポヤンドに変えたい、そしてビカードを気持ち良く弾きたいと思っている方は、ぜひ“作用・反作用”の原理を弦上で実感できるような練習をしてみてください。

“どんな練習をすれば良いのか‥‥!?”と尋ねられても‥‥困ります。
一応、企業秘密ですので、ここでは具体的な練習方法は書けません!!<(_ _)>
しかし、ちょっと頭と指先の感覚に集中すれば、誰でも弾けるようになることは間違いありません。ただ、ちょっとばかり面倒かもしれませんね。

健闘を祈ります。

posted by 飯ヶ谷 守康 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178866632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック