2017年03月14日

ミニコンサートが決まった

ミニコンサートの日程が決まった。

今回のライヴは、ちょっと変わった内容になると思う。
というのも、ひょんなことから知合った安藤紀子さんという女性ジャズピアニストとの共演だ。
といっても、安藤さんはここ何年かフラメンコを中心に演奏されている‥‥良い意味で、珍しい。

本場スペインでもピアノフラメンコの人口?は増えつつあるようで、ジャズやクラシックを弾いていたピアニストがフラメンコの世界に流れてきているようです。嬉しい限りです!!

しかし、さすがに楽器の王様と言われるだけあって、ギター1本では太刀打ちできません。
なにせ1度に最大10個の音が出せるし、音量がすごい。
それに対して、ギターでは6個の音しか出せないし、音量は‥‥負けます(-_-;)
当日はマイクなどの拡声装置は使わないそうで、正直‥‥怖い!!
しかし、ギターだけにしかできない奏法、弾き方、そしてアレンジなどの工夫でカバーするしかないですね。

プログラム的には、それぞれのソロと重奏・合奏を何曲か予定しています。
具体的には4月に入ってから打ち合わせの中で決めることになっているのだが、個人的にはパコのZyryabは、ぜひとも弾きたいと思っている。それからCancion de Amorなんかもピアノとの相性が良さそうだ。
しかし、私自身、ピアノとの共演は初めてのこと、どうなることやら‥‥!?


- PIANO FLAMENCO Vol.5-

演奏:安藤 紀子(ピアノ) 飯ヶ谷 守康(ギター)
日時:2017年6月10日(土)Open 18:30  Start 19:00
会場:音楽堂 ano ano(アノアノ) 東京都豊島区南大塚1-49-2ハイム・デルムンド1F
   (JR大塚駅より徒歩5〜6分)  
http://anoano.net/music/access/
チケット:3,000円(前予約) 3,500円(当日) ※1ドリンク付き
お問合せ/御予約 Office Ann 0422-31-3464

※興味のある方、お暇な方、そしてお忙しい方も‥‥よろしければお越しください。
 
posted by 飯ヶ谷 守康 at 12:54| Comment(4) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
Zyryab!憧れの曲です!
Posted by 三苫裕文 at 2017年03月15日 23:35
三苫裕文さん、初めまして<(_ _)>。
コメント、ありがとうございます。

Zyryab、カッコ良い曲ですよね!?
といっても、大昔にスーパーギター・トリオとして世界中のギター・ファンを狂喜乱舞?させていた頃に弾いていた“Meetig of the Spirit”(作曲:John McLaughlin作曲)なんです。
パコッた、いやパクッたんでしょうね‥‥苦笑。

また、この曲はMahavishnu Orchestraというロック・グループで1971年ごろのアルバムにも収録されています。当然エレキ・ギターで弾いていました。
これを知っているのは団塊の世代‥でしょうね。

本当はギターがもう1本欲しいところですが予算の関係でピアノと私の一騎打ちで演奏する予定です。と゜うなることやら‥‥。
Posted by 飯ヶ谷守康 at 2017年03月16日 09:43
小生、エレキ歴40年フラメンコ独学初心者です。マハオケのコピーバンドを試みたこともあり〼のでZyryabは一聴でInner Mounting Flameの1曲めとわかります^_^ 最近は練習の最後にアントニオレイが弾いている動画と合わせて玉砕するのが習慣になっております。
Posted by 三苫裕文 at 2017年03月19日 01:56
ほ〜!もはやベテランの域、ですね。

アントニオ・レイさん、先日来日していましたね。
たぶん、また来ると思いますが‥‥。
某楽器店で持ってきたギターを高値で買い取ってほしい、としつこくダダをこねているところを生徒さんが目撃して“なんか、さもしい感じがして嫌な感じでした‥”と言っていました。
どうなんでしょうね‥‥!?

ではでは‥‥
Posted by 飯ヶ谷守康 at 2017年03月19日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179090635
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック