2017年03月21日

ついに買ってしまった

 知り合いのギター弾きから教えてもらった情報なのだが‥‥
“まるでペンで書いた音符がどんどん浄書されるいく楽譜ソフトのStaffPad、知ってる!?‥ただし、Windows Surfaceシリーズのパソコンじゃないと使えないかも‥!?”ということだった。
さっそく紹介された動画(https://www.youtube.com/watch?v=D_PgKyqE3RU)を観て感動してしまった。
昔から欲しかった機能を持ったソフトが、ついに誕生したんだ‥スゴイ‥!!

しかし、パソコンから揃えなければならない‥‥半分年金生活の下流老人?には、ちょっと考えものだ。それに、いつまで使うか分からないから‥‥。
現在2台のパソコンとタブレット、そしてスマホ‥‥これ以上モノを増やしたくない‥‥という気持ちもあった。

ま、買う必要は無いだろうと思いつつ、いろいろと探してみていたら格安情報が見つかってしまったのだ。
今月末までならパソコンが2割引き、しかもSurface Pro4と同等のCPUを持っていてRAMが8ギガ、内臓SSDが256ギガ‥‥う〜ん、欲しい!!
ほとんど衝動買いのように購入してしまったという次第。
機種は‥ASUS 2in1 TransBook3 T303UA /Win10/Core i5/8GB/SSD 256GB/12.6型タッチ3K(WQ+)液晶/ASUS Pen付き/ T303UA-GN054‥というヤツだ。

ほとんど音楽専用に使う予定なので、容量的には問題ないだろう。
しかも価格がSurface Pro4の半額程度、文句のつけようがない代物だと思う。
翌日には品物が届いた、速い!!

さっそく初期設定を済ませ、各種デバイスのアップデート、そして必要なソフトやアプリを入れて動かしてみたが、気持ち良く動いたので驚いた。さすがRAMが8ギガあるからか?或はCPUの能力のせいか!?
考え中だったStaffpadは必要無いかもしれない。
今まで使っていたFinaleでペン入力してみたら楽々と譜面が書ける。
いつも右手のマウスばかり使っていたが、今度は左手で音符の長さを指定して、右手で音程をペンでツンとすると、簡単に素早く入力できた。とても楽だ‥‥手にも優しい作業だと思う。

ちなみに、写真(ちょっと暗いかも‥)の左側にあるのは、サイレント・ギター等を繋げるとmidiデータとしてパソコンに入力してくれる、つまり、弾いたとおりに譜面に演奏デーを入力してくれる、という優れもののインターフェースです。
これで夜中でも明け方でも、気が向いた時に曲作りや譜面書きができるということだ。
時代は確実に進んでいるんだな〜と感心してしまった。
ちょっと昔はMIDIギターという高価なギターでないとできなかったことが、今では安価で実現できる。凄い時代になったものだ。

大昔はテープに録音しておいて、使えそうなファルセータを譜面に起こす‥‥という作業で曲作りをしたものです。
MIDI規格が現れてからは、キーボードとシーケンサー、或はパソコンを使って曲を作ったり、アレンジしたり譜面に入力したりしていたものだ、懐かしい‥‥。
ただ、キーボードで作るとギター的な感じでは無いフレーズばかりになってしまうことが多々あった。やはりギターで作らなければ‥‥と悶々としていたのだが、今回の買い物でずっと楽に、しかも楽しく音楽の作業ができそうだ。
これで思いついた時に遊びながら曲作りと譜面作りが楽にできそうだ。

asus_303ua.jpg
posted by 飯ヶ谷 守康 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179159587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック