2017年06月11日

異業種格闘が終わった

初めてのピアノとの異業種格闘?が終わった。
正直、疲れました。後味の良い疲労感ですが‥‥!!
プログラムとしては、それぞれのソロが2曲づつ、そして休憩の後、いよいよピアノとの重奏に入った。
といっても、急遽“ソロを一曲増やして欲しい”ということでギターソロを一曲弾いてからの重奏になった。
Gitanos Andaluces、続いてCancion de Amor、そして私がぜひとも弾いてみたかったZyryabが続いた。

実はZyryab、以前から弾きたかったのだが、一緒に弾いてくれるギタリストがいなかった、というよりも巡り合えなかったので弾く機会がなかった。というのも、イントロ部分のアルペジオが‥弾ける人を知らなかったのです。地味に?難しいし速さも必要なので‥‥。“魂”だけでは音すら出せないですからね。
ということで、たぶん、一生弾けないんだろうな〜と思っていたのだが、運良く弾ける機会を得た、という次第です。

しかし、最初から予想していたことだが、楽器の違いによる絶対的な音量の差、そして和声学的な力量の差等々、実際に合わせてみた結果、改めてギターの非力さを実感した次第。
でも、それと引き換え?に、ギターには小回りの良さがある、そして何よりも音の立ち上がりの良さもある。
と言っても、当然ながら楽器と演奏家の能力次第、ということは言うまでもない。
これらの楽器の持つ持ち味と特徴などを考えながら、ピアノのリズムとメロディーにコード付け、そして弾き方とファルセータを選別したり新たに創ったり‥‥結構大変な作業だった。

特にZyryabでのアドリブ部分、決められているコード進行の中からいくつかのポイントとなる音を探り出し、様々に変化させての自主練は、楽しくもあり苦しくもあり、といったところだろう。
本番ではどんなフレーズが出てくるのか不安と楽しみが交錯していた。

終わってみて感じたこととしては、今回、更に新たな課題を見つけることができた。この機会を与えてくれたピアノの安藤さんには感謝しなければいけないだろう。
これも凡人の可笑しさ・哀しさゆえの宿命なのだが、死ぬまで修行なのだ、と実感させられたライヴでもあった。

いずれにしても、Zyryab、初めて弾く機会を得ることができたのだが、聴いても弾いても気持ちの良い曲です。
誰か一緒に弾いてくれるギタリスト、或いはギタリストの卵さんがいたらお知らせください。
ただし、ピカードとアルペジオは必須事項です!!
ギターだけて弾いてみたいという欲求が‥‥湧いてきた。

anoano2017-1.jpg

anoano2017-2.jpg

posted by 羊飼い at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
初めまして!志田玄季と申します。
昨日のライブを一番前で見させていただきました、とても感動しました!
ありがとうございます。

私もクラシックギターからフラメンコギターに移ったのですがまだまだ修行の身でとても勉強になりました!

ありがとうございます!
Posted by 志田玄季 at 2017年06月11日 14:53
こんにちは志田玄季さん、飯ヶ谷です。
昨日のライブに来ていただき、ありがとうございます。
一番前でですか‥‥怖い、ですね(^^;)。

クラシックギターからフラメンコギターに編入・転向組ですね!?、私も昔はクラシック一辺倒で、タマ〜にフラメンコを見聞きする機会がありましたが、“おっ、やってるやってる。なんて下品な音を出す奴らだ‥”などと感じていました。
まさか自分が、そのフラメンコで人生を歩むことになるとは‥‥人生、何が起こるかわかりませんね。

いろいろと違和感を感じることもあるかと思いますが、末永くフラメンコギターをよろしくお願いします。

ご丁寧にコメント、ありがとうございました。

Posted by 飯ヶ谷守康 at 2017年06月11日 15:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180011144

この記事へのトラックバック