2017年07月15日

iとmによるトレモロ練習

 今回はiとmによるトレモロ練習を課題として考えてみることにします。
目的としてはアルペジオの動きを軽やかに、そしてハッキリとした綺麗な響きを得ること、ということです。

更にオマケとして、ピカードが弾きやすくなり、スピードアップの効果も期待できる、という優れモノの練習です。
ただし、しつこくて恐縮ですが、ただ音が出せればokということではありませんので、念のため‥‥。


では、譜面を見ながら読んで、そして音を出してみてください。

tremolo por im.jpg

1.
 クラシック風の4連符のトレモロですが、右手はp-i-m-iという指使いで弾きます。
pは軽いアポヤンドで弾いてください。アルアイレでは効果がほとんどなくなってしまうでしょう。
弾きづらく感じる場合は、imの力の使い方が良くない、と判断できます。

リラックスした状態で、爪だけが動いている‥‥みたいなイメージで弾いてみてください。

初めはゆっくりで良いのですが、効果が出てくるのは♩=100位からでしょうね。
このテンポを最低20〜30秒くらい維持して弾き続けるとpimの力の使われ方、動き方が自然と修正される‥‥かもしれません(^^ゞ。
騙されたと思ってチャレンジしてください、きっと後悔することになると思います‥‥なんてことは、ありません!!

なお、♩=100位のテンポで出来ない場合には、基本が理解できていない、と判断してください。

2.
1.のバリエーションです。
弾く弦が異なりますが、1.の場合と力の使われ方・指の動きが何ら変わりなく弾けることを目指してください。

しつこく書きますが、音を出す練習ではなく“正しい力の使われ方と自然な動き”を探りながら修正、そして維持することが目的ですので、お忘れなく!!

3.
 これは応用例の一つとして挙げてみました。ファルーカ、の一部です。pの弦の変化に惑わされることなくimが“流れるように”動いて音が響く‥‥というイメージを持ち続けて練習してください。
途切れ途切れのトレモロになりやすいと思いますが、それは力の使い方がヘン!だからでしょう。

また、スピードが出ない場合は、力の伝達がオカシイ可能性があります。
どうすれば良いか!?‥‥試行錯誤するか、きちんと細かい部分まで音が出ている人を見つけて教えてもらってください。
このiとmによるトレモロ練習を繰り返して楽に弾けるようになると、アルペジオやビカードがすらすらと弾けるようになります。


これを元にして、様々にバリエーションの練習方法がありますが、キリが無いので割愛させていただきます。
興味を持った方は、いろいろなバリエーションを考えて練習してみてください。
今まで弾けなかったところが、ウソみたいに弾けることに気が付くはずです。

幸運を祈ります!!


posted by 羊飼い at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180350534

この記事へのトラックバック