2017年07月20日

不条理‥‥!? その2

不条理‥‥!? その2、です。

トシのせいか、キレ易くなっているのかもしれないが(苦笑)、報道に疑問を感じることが多いような気がする。

埼玉県所沢市の小学校で、男性教師が4年生の男子児童に「窓から飛び降りなさい」などと迫り、過去には体罰を加えたこともあったという問題。教師側に責があると報じられているが‥‥
ぜひ、下記にアクセスして全文を読んで頂きたいと思います。

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0720/blnews_170720_7018274839.html

ただ、どちらが真実なのかはハッキリとはしないのですが、少なくとも平等な報道、正確な記事を書くことが真のジャーナリズム、メディアだと思うのだが、一方的な取り上げ方をしているように感じられる。
正しく印象操作以外の何物でもないだろう。

当の先生は、正直なことを言っても言い訳や言い逃れ、責任転嫁としか受け取られかねないと思い、早々と謝罪してしまったようにも感じる。
もし、クラスメートの言葉が真実だとしたら‥‥アホでダメなヤツが正義、被害者となってしまい、ますますヘンなヤツが幅を利かせる世の中になってしまう気がする‥‥恐ろしい‥‥!?

除夜の鐘がうるさい、幼稚園や保育園の子供たちの声がうるさい、最近は風鈴の音がうるさい‥‥とかクレームをつける住民が増えているとか‥‥世も末ですね。
日本人の持っていた遠慮、思いやり、もったいない、お互いさま‥‥の精神は無くなってしまったのでしょうか‥‥!?

あるカンテ・フェスティバルでの話し‥‥
メルチョール・デ・マルチェーナ先生が、楽屋でハンカチとかスポンジを消音装置?として練習をしていたので“どうしてバリパリ弾かないのですか!?”と尋ねたら“他の人たちの迷惑になってしまうだろう!? 遠慮の精神を忘れてはいけないんだよ!!”と教えてくれました。この他者への心遣いが、あの素晴らしいカンテ伴奏に繋がっているんですね。

ところで今の日本のフラメンコ関係者の楽屋では、ほとんどの人たちが消音させずにバリバリと練習しています。自分をアピール‥‥なんて気持ちからなのでしょうか!?
そんなアメリカ的な発想は、フラメンコの精神とは馴染まないと教えられた私としては、哀しさだけがこみ上げてきます。
古い人間なんでしょうね‥‥たぶん‥‥。
posted by 羊飼い at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180400338

この記事へのトラックバック