2017年07月29日

NHKからの電話

 昨日の昼過ぎに、突然NHKからの電話があった。

だいぶ昔の札幌時代のことなのだが、“音楽大陸・北海道”という番組で、アノ西城秀樹さんをメインゲストとした音楽番組があったのだが、何故か私も出演してギターを弾いたことがある。
たぶん全国放送ではなかったと記憶しているのだが‥‥。
 
一世を風靡したフリオ・イグレシアス氏の息子さんのエンリケ・イグレシアスさんが歌って世界的なヒットとなった『Bailamos(バイラモス)という曲を西城さんがカバーして歌っていたのだが、その中で、どうしてもフラメンコギターの音が欲しい、ということで、当時やはり突然NHKさんからの連絡で出演することになった。
他のミュージシャンたちは東京から来ていたのに、なぜかフラメンコギターだけは現地調達?だった。

普段は譜面などは使わないフラメンコなのだが、この時は譜面が渡された。
ホピュラー系の歌のバックの演奏、つまりカラオケ風の伴奏の場合の譜面は、音符よりも文字が圧倒的に多い。
コードネームと、大体のリズム譜、そしてモード指定のアドリブの指示‥‥。
たぶんクラシック系の音楽しかやっていないミュージシャンには読解不可能?だろう。
やはり時代はジャズが基本、ということなのだろう。

私も20代の前半あたりから、音楽関係の知人たちから“飯ヶ谷君、やるやらないはともかく、音楽の基本としてジャズの基本的なことは勉強しておいた方が良いよ!!”と、しつこく言われていたので、仕方なく?アレンジもやっていたキーボード奏者に習うことにした。
コードとコードスケール、コード進行の基本と代理コードの使い方、分数コード、そしてモードについて‥‥等々。
なかなか実感とした理解ができなかったことを覚えている。
頭では理解できても、自分のギターの演奏での応用になると、なかなか難しく感じていた。
しかし、こんな程度でも経験しておいたお陰で、いつの間にかスタジオミュージシャンたちが使う譜面が、なんとか理解できるようになっていた。

前置きが長くなってしまったが、なんとこの時の番組の一部が収録されたDVDが発売されることになり、映像使用の許可をお願いしたい、ということだった。
もちろん気持ち良く承諾。更にギャラも発生するとのこと、そして後日このDVDも送ってくれるとのことだった。楽しみ〜!!
昔の資料を探してみたら、画像が悪いが当時の静止画像が出てきたのでアップしておく。懐かしい〜、髪の毛がある!!

札幌時代の一コマ、です。

title.jpg hideki-2.jpg

posted by 羊飼い at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180481705

この記事へのトラックバック