2017年08月21日

第26回新人公演選考にあたって-カンテ編

 続いて、20日のカンテ編について書いてみます。

結果的には6番目にシギリージャを唄ってくれた松橋早苗さんが奨励賞を受賞されました。
ちなみに、昨年も出場されていたのですが、松橋さんに票を入れたのは私だけでした‥なんでだ!?
しかし、今回は昨年の減点対象?になっていたことのほとんどを修正できたようです。
過半数の選考委員の推薦で、見事に奨励賞受賞ということになりました。

何が良かったのか‥‥!?
1.わざとらしいところや演技をしている感が無い。
2.しわがれ声風?を無理して演技して出そうとする無駄な試みが無い。
3.無理して大声を出そうとしていない。大声コンテストではありませんから‥‥。
4.息の使い方(加減速?)が丁寧になされている。これは行末のキメ感等に大きく影響を与えます。
5.子音の発音が素早いし、母音で唄おうという気遣いが感じられる。
6.音程の不安定さが大幅に修正されていた。

‥‥というところでしょうか。
他の出場者の方とは格段に違っていたように感じたので、奨励賞に値するという判断に至りました。

毎年同じように事ばかり書いている気がするが、カンテもギターも踊りも、大きな音で盛り上げようとすることは、無駄な策略?と思った方が良いと思います。
真正面から自分の持っている技術の最高レベルを、細心の注意と大きな度胸を持ってぶつかる‥‥ということが、結局は自分でも納得できるのではないでしょうか!?
昔から言う“繊細且つ大胆”ということなのでしょうね。
結果を狙いすぎても、ダメな時はダメなようですから‥‥。

以上が私の正直な感想です。

私たち外国人にとってバイレやギター以上に難しいカンテ、それに果敢にも挑戦を試みる勇気に感服してしまいます。
素晴らしい!!

ちなみに、個人的な好みですが、ニーニャ・パストーリやチャロ・マンサーナさんみたいに唄う人が出てくれたら超嬉しいのですが‥‥(^-^)

posted by 羊飼い at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180728303

この記事へのトラックバック