2017年10月22日

アポヤンドの秘密-4(スタッカート)

 今回もしつこくアポヤンドについて考えてみます。副題は『スタッカート』としました。

スタッカート、誰もが小学校の音楽の授業で習ったと思います。
しかし、ほとんどの人は忘れてしまっているのではないでしょうか‥‥!?
staccatoと綴り、スタッカートと発音するイタリア語、です。
譜面では音符の上に“・”がつけられるのが普通のようです。
簡単に説明すれば“音と音との間を切って、歯切れよく演奏する”とか“ひとつの音を短く切る奏法”とか説明されています。

ギターでは余韻のない音を鳴らす、ということで消音とかミュート奏法とか言われます。
実際の弾き方では、左手の小指などで弦の振動を止める、場合によっては右手の指や手のひらで弦に軽く触れることで消音・ミュートをするのが普通です。

今回は単音のミュートということで、右手の指先で行うことにします。
その目的は“指の戻り”を素早くさせるためです。
結果的に、指の動きが速くなることも期待できますので、ぜひ試してみてください。

ここからは譜面を見ながら読んでください。

pizzicato.jpg
1.
@弦の開放弦でシンプルな消音を行います。
例えば、iで弾いた直後に、次に使うmで@弦の振動を止めて消音します。
imを交互に使い弾いてみてください。
ただし、弦が振動した直後に消音、ということを目的としていますので、ちょっとでも音が鳴ったら、すぐ消音、です。
音が出ていないのに消音作業?しないようにしてくださいね。
タイミングが大切ですので、ご注意ください。

2.
スタッカート記号がある音と無い音があります。
ハッキリと弾き分けるようにしてください。でないと、指の動き方の違いが自覚しづらくなってしまいます。
なお、スタッカートを付ける意味としては、音にアクセントを付けるということと、リズム的には“オチまでの気分的な溜め込み?”があります。
感じ分けて弾けるようになると、表現的にも幅が出るようになると思います。
スタッカートを付けて弾いた時と、スタッカートを付けないで弾いた時の指の戻り方を充分に味わってください。その違いが分かればOKです。

3.
某巨匠のブレリアスのファルセータの一部です。
ここのリズム的な解釈、大丈夫でしょうか!?
まさか、12拍目から始まる、なんてバカげた感じ方はしないでくださいね。
また、“1-2-3,1-2-3,1-2,1-2,1-2”でもありません。
リズムに音程が付いてファルセータになる‥‥という典型的なフレーズです。
どんなリズムの感じ方で成り立っているか、探りながら弾き続けてください。
あえて答えは書きません!! ご了承ください。

指の戻り方が“心の赴くまま”にコントロールすることができれば、結果的に気持ち良くギターが弾けるようになります。
幸運を祈ります!!
posted by 羊飼い at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181350795

この記事へのトラックバック