2017年11月26日

正解、です('◇')ゞ

 飯ヶ谷です。(ヒロシです!‥‥のパクリではありません)

今まで書いてきたことの幾つかを組み合わせて、正解を導き出した人が出ました!!
凄いことです。少なくとも私にとっては‥‥。
アポヤンドの秘密や作用・反作用についてのことなど、とても真剣に取り組んでくれている人がいたとは、嬉しいやら感激するやら‥‥。しかも、ごく丁寧なメールをくれました。
曰く‥‥
“図々しいメールを差し上げる失礼をお許しください。
先生のブログに書かれていることを、自分なりに落ち着いて考えて実践してみました。
最近、音が変わってきたことに気が付きます。明るいけれど芯がある、指が自然と元の位置に戻るようになってきた、そして細かなことに神経が行くようになってきた気がします。
そこでひとつだけ質問したいことがあります。もし、正解でしたら、その時だけお知らせいただけたらと思います。

今まで、カンテで言う地声ということにも疑問を感じていたのですが、フラメンコギターでの自音(?)というのが、少しばかりわかってきたような気がするのです。
ひょっとして、声で言えば裏声のような出し方と似ているのではないか?、ということです。
今までと違って力まずに軽やかに音が出るようになって来たような感じなのです。
近くに住んでいれば、すぐにでも出向いてレッスンを受けたいところですが、何分遠いもので無理のようです。
出張か何かで関東圏に行くことがありましたら、ぜひご教授願いたいと思っております。

お忙しいところ誠に申し訳ないというか、失礼ながら、よろしくお願いします。”
‥‥という内容のメールでした。

さっそく“大正解です”と返信しました。
嬉しいですね〜、フラメンコの音を理解、実践できる人が一人増えました(^^ゞ
表現方法はともかく“裏声のような出し方”というのは理解できます。
とかく力で弾きまくる人が多いのですが、別の言い方をすれば“ヌキ感”、そして“反作用”で音を出す‥‥これが理解・実践できればフラメンコギターは勝手に泣いてくれるように響き始めます。

拍手喝采!!

このような音を出せる人が、少しづつでも増えて欲しいところです。
嬉しさの余り、つい書いてしまいました。
さらなる精進をお願いしたいところです。


posted by 羊飼い at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181683670

この記事へのトラックバック