2017年12月18日

魂がこもる親指-その1

フラメンコギターの世界では“pは魂がこもる指”と言われているようです。
エネルギーのこもる i と並んで、とても重要な指といえるでしょう。
※あくまでも“こもる”です。“こめる”ではありません。念のため‥‥!!

pを使う時、ついつい前腕ごと動かしがちですが、これでは“今風”のフラメンコには不利、というか損をしてしまうことになるようです。
気になる方は気を付けて練習してみてください。

以下、譜面を見ながら読んでください。
p-1.jpg
-1- 
 もっとも単純にD弦とE弦を弾くように指示されています。
ただ、音を出すだけだったら、今更こんな単純なことを練習する必要はありませんよね!!
ここで少しだけ気にして考えて欲しいことがあります。
それは“自分のpは、どこに力を入れて、どこが動いて弾いているのだろう‥?”ということです。
また、繰り返しになりますが、pを動かす時に前腕の動きを最小限にする、ということが不可欠なのです。
pを使っているつもりが前腕を動かすことで弾いてしまう‥‥これではアルペジオやトレモロの時に弾きづらくなってしまうだけでなく、pを連続して使う時に非常に不利になってしまいます。

2- 
 これは1拍で2つの音を出す例です。
ゆっくりとしたテンポなら問題は無いのですが、ちょっと速いテンポや細かなリズムの場合、また応用としてのアルサプアの時に、とてもテンポに追いつけなくなってしまいがちです。カッコ良いpが‥残念ながら、できない状態になってしまいます。

ちょっと面白い練習方法として、拍の頭では↑p、そして拍の裏で↓p‥‥というモノがあります。
pの爪をピックアップのように使う弾き方です。
pと前腕が“悪い連動?”をしてしまう場合に効果的な練習方法です。
慣れてきたら、♩=250位で軽く弾けるようになることを目指してください。
ブレリアスでの3連符のアルサプアを難なく弾けるようになる、はずです('◇')ゞ

-3- 
 -3-は-1-の応用例のひとつです。
 “複数弦のアポヤンド”の練習になります。

 実際の曲では、時には3本の弦を弾く時も出てきます。
 多くの場合“、弾き始めの弦よりも弾き終わりの弦の音”が主役のように響いている必要があります。
1小節目ではD弦よりもC弦、2小節目ではE弦よりもD弦が主役になります。
ピタッとアポヤンドを決めるつもりで弾いてみてください。 

応用例としては、複数弦のアルアイレがあります。
実際の演奏では、これらが混在している場合がほとんどです。
というのも、“技術は心の表現”だからです。心の赴くままに単音のアルアイレとアポヤンド、そして複数弦のアルアイレとアポヤンドが、結果的に使われるということになります。

-4- 
 pの応用例の一つとしてアルサプアを使った大昔の?1コンパスを紹介しておきます。
リズム形式としてはアレグリアス、です。
p-i-pの3連符、昔風のアルサプーアですね、そして今では普通のアルサプーアが混在しています。

 注意点としては、p-i-pの時に、いちいち手が動いてしまう、ということを最小限にするということです。
そのためには、pを弾いた後の↓iを弾く時に、直前に動かしたpが弦から離れないように“我慢”する、ということです。
pのアポヤンドは↓iを弾き終わるまでは弦上に、つまりアポヤンドしたままの状態をキープしておくことがポイントになります。
弾きやすくするために、音が出たらすぐに弦から指を離す、という状態になりやすいものです。
でも、ここは我慢、です。慣れればpのスピードが速まるだけでなく、手のバタつきが最小限になってきます。
なお、バタつきを防ぐために、今回はゴルペを省略しています。

低音のメロディーが綺麗に響くことを目指してください。
特にD弦でのメロディーが綺麗に響かせることが必要になります。

【フラメンコ処方箋の最新記事】
posted by 羊飼い at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181877988
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック