2017年12月20日

指先ブルブル‥‥

 こんにちは、飯ヶ谷です。

いつもギターを抱えて練習するのも疲れますね〜!!
ということで、ギターが無くても指の練習ができること、のひとつをご紹介します。

やり方はとても簡単です。
右手の手首から第二関節までを“固定させる”ように少しだけ力を入れ、第一関節だけを脱力させます。
この状態をキープしながら、左手の人差し指で右手の中指の先を“ブルブル”させるだけです。
できたら、右手の人差指・中指・薬指の3本とも行うことをお忘れなく!!

目的は‥‥第一関節の柔軟性のコントロール‥‥です。

ここが意識的に柔らかくしたり固くしたり‥‥コントロールされないと“心の要求する音”が出せないのです。
いつも指の付け根からだけの動きでは“金太郎飴?”のように、いつも均一な音ばかりしか出せません。
コントロールできるのは、せいぜい音量差だけ、ということになってしまいます。

強弱の変化だけでは“複雑な心の表現”は程遠いモノになってしまいます。
といっても、聴く側に“それたけの耳と感性”がなければ、何の意味もなくなってしまいますが‥‥哀しい現状?‥‥(^^;)

ちなみに、第一関節のコントロールができるようになると、音量・音質の変化だけでなく、スピードもコントロールできるようになる、はずです('◇')ゞ
ただし、“感”の良くない人の場合には、かなり時間が必要になると思います。1年くらい‥‥。
“感”の良い人は‥‥数分で出来るようになるようです。
でも、天才たちは‥‥最初からできているようです(クソ〜ッ!!)

この“ブルブル”が実際の演奏の中で自在にコントロールできるようになると、右手のほとんどの技術的なことに“解決の光”が見えてくる、かもしれません‥‥。
ヒマな人はチャレンジしてみてください。

ちなみに、この練習は、大昔に本場のプロたちから教えられたものです。
実際に試してみたら、いろいろなことに応用が効くようになりました。感謝!!
他にも、左手のための練習や拡張のための練習、そしてラスゲアードの練習などがありますが、気が向いたら?ご紹介します。

幸運を祈ります!!

【フラメンコ処方箋の最新記事】
posted by 羊飼い at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181892346
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック