2018年01月09日

ギターは左手で弾くもの−2

 新年最初の書き込みです。 左手についての第2回目です。

ギターは左手で弾くもの‥‥と言われていることに気が付くために、今回は課題を書いてみました。
なお、これは“気付きの為のチェック方法の一つ”ですので、これを何回も続けて練習してみても効果は少ないと思います。
あくまでも自分の感性と指が連動しているかどうか?‥‥をチェックするための、或る意味でのテストと思ってください。

左手も単音だけだったら、とても楽に弾けるのですが、低音が付くと途端に難しくなってくるようです。
また、“いつ押さえるか、いつ離すのか‥‥!?”ということは、譜面には書かれていません。このあたりのことが左手に関しての最も難しいことの一つになっているようです。
音が出れば良い‥‥という感じ方ではダメなんですね〜!!
“弾きたいという欲望・気分”と指との連動の中で、音がいつまで響いていた方が良いのか?、という問題意識がなければ、弾けていることにはならない、と言われ続けた過去を持つ私としては、やはりこのことを伝えたいと常々思っています。
もちろん、適当な感じで音が出れば良い、と思う人は‥‥読んでも意味がありませんので、パスしてください(^-^)!
でも、伝統派・革新派に関わらず、ギターを弾くうえでは最重要なことのひとつなのですが‥‥!?
しかし、最終的には人それぞれということになってしまうのが哀しい現状のようです。

興味のある方は、譜面を見ながら読んでください。

jidarite-2.JPG
1.
 スラーが2種類、つまり押さえるスラーと引っ掛けるスラーがあります。
いずれの場合もハッキリと音が響いていなければダメですよ!!。
また、スラーに気を取られてしまい、低音の音が弱くなったり消えてしまう、つまり左手の押さえが弱くなってしまったり離れてしまってもダメなんです!!。
低音の4分音符がキッチリと鳴っていなければ弾けていることになりませんので注意してください。

2.
1.を3拍子で弾いてみたものです。
スラーが長くなり、同時に低音の響く時間?も長くなります。
じっくりと低音の響きを味わいながらメロディーとしての高音部を“漂わせて”ください。
ギタリストによっては“低音の響きの中で、メロディーが躍動したり遊んだりするんだよ!!”という指示を出すようです。

3.
ソレアで良く弾かれるフレーズの一部を取り上げてみました。
低音部の音符を充分響かせ続けながらメロディーを弾くようにします。
また、ポジション移動の時に音が短くなりやすいので、素早い移動を心掛けるようにしてください。

4.
3.と同じフレーズですが、低音を替えてみました。
やはり低音が響き続ける中でメロディーが綺麗に唄うかどうか‥‥です。

これらが綺麗に音を響かせられれば、とりあえずはOKでしょう。
低音を押さえ続けながら他の指を動かす‥‥別の言い方をすれば、“指の分離”ということが必要なパターンですね。
ヒントとしては、“柔らかく大きく動かす”ということになると思います。

個人差によって効果的な練習方法が異なるのですが、ちょっとしたことに気を配ることによって解決することがあるようです。
感の良い人は、比較的短時間で“気付き、閃き”が得られて、楽に弾けるようになるようです。

幸運を祈ります!!

【フラメンコ処方箋の最新記事】
posted by 羊飼い at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182088639
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック