2018年05月04日

パコ・デ・ルシアの舞踊伴奏

 珍しい動画をリンクしてみました。
あのパコ・デ・ルシアが踊りの伴奏をしている動画です。
この頃は、まだパコ・デ・アルヘシーラスと名乗っていました。出身地のアルヘシーラスを芸名に使っていた頃です。
たぶん‥‥16〜7歳の頃かな‥‥!?

踊っているのは‥‥
La Chunga(ラ・チュンガ):1938年マルセイユ生まれ、だそうですが、あの伝説の舞踊家カルメン・アマヤさんの従姉妹、らしい‥‥!? “裸足の舞姫”として有名でした。

Juan Antonio Jiménez(ファン・アントニオ・ヒメネス):初代アントニオ・ガデス舞踊団の第一舞踊家として活躍されていました。また、ガデス舞踊団の女性第一舞踊家のクリスティーナ・オヨスさんの旦那さんでもあるんです。
ちなみに、クリスティーナさん、昔エル・フラメンコにも仕事で来日されていました。
恥ずかしながら、私のプロフィールのところにも一緒に練習していた時の写真があります(^^ゞ

唄っているのは‥‥
José Salazar(ホセ・サラサール):1941年バダホス生まれ、だそうです。
1956年にはCante Flamenco de Córdoba(カンテ・フラメンコ・デ・コルドバ)の全国大会で賞を受賞したと聞いています。

ところで、この動画でのパコの伴奏は、これと言って珍しい伴奏をしているわけではないようです。誰でもが弾く、という感じというか、ごくフツ〜に弾いていますね。
でも、パコが伴奏で弾いている、ということが珍しい?だけ、と言ってしまえばそれまでですが‥‥。
参考になれば幸いです。


posted by 羊飼い at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183157196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック