2018年05月06日

アルサプア-1

 魂のこもる指と言われているp、その多彩な使われ方の中でも、最もフラメンコ的なアルサプアについて考えてみます。題して『アルサプア-1』、です。

アルサプア(alzapúa)とは、簡単に言えばpだけで単音、コード、そしてメロディーを奏でることができる優れ技?と言えるでしょう。
これがカッコ良く決まればラスゲアードやビカード並み、いや、それ以上のキメ感を得ることができる、かもしれない‥‥!?。

しかし、これがなかなか曲者(クセモノ)、というか、そもそも他の指とは構造的に異なった付き方をしているせいか、力の使い方や動かし方について誤解しやすい部分が多々あるようです。
また、人によっても関節の付き方、その柔軟性も異なりますので、簡単には説明できない部分があります。
ここでは、ごく一般的な指をしている場合、という前提で考えてみます。
もし、ここでの説明が当てはまらない場合は、自分の親指の付き方、柔軟性を呪ってください(^^ゞ
そういう場合は、別のアプローチが必要になるでしょう。

ここからは譜面を見ながら読んでみてください。
なお、ブレリアスで3連のアルサプアができている人は‥‥無視してください(^^ゞ

alzapua-1.JPG
1.
1拍目ではD〜C弦をすべらすように動かします。そして3連符の最後で↓です。
すべらすといっても、音の出るタイミングは意識下でコントロールされていなければいけません。気を付けてください。

なお、これらの練習の時には、右手人差し指(i)を@弦に軽く触れておいて練習するようにしてください。
pの力の使われ方と動く方向に対して、良い意味で制限を与えるためです。また、手首や前腕の動きを押さえる意味も含まれます。

2.
E〜D弦をpの↑↓の交互の動きで弾きます。ピックを使う感じに似ている、かもしれませんね。
ちなみに、私はピックは使えませんので、似ているかどうかは‥‥分かりません<(_ _)>

手首に固まるような力が入りやすいので注意が必要になるかもしれません。
関節は、柔らかく‥‥がポイントになるでしょう。

↓pの使い方が大きなポイントになります。
↑の時よりも“軽く素早く”動いている感じを自覚できるように繰り返してみてください。
後々、この感覚がアルサプアだけでなく、pを意のままにコントロールするために絶対に必要な感覚なのです。

3.
2拍目がコード弾きになっています。この時だけは@弦からiが離れて良い時です。
しかし、直後に@弦に“自然に”戻るようになっていればOKです。

繰り返しますが、pは↓の動きの時がとても重要になってきます。かといって、あまり力が入り過ぎると自滅することが多いようです。
軽く素早く動かして、でも音がハッキリと聞こえる‥‥というのが理想のようです。くれぐれも大きな音を出そうとしないようにした方が賢明です。
軽し素早くクッキリとした音が出ていれば、大きな音は簡単に出せるようになります。
チカラを入れれば良いだけですから‥‥。

車で言えば‥‥サイド・ブレーキを掛けたままアクセルを踏んでしまう‥‥という哀しい現象を多く見ます。
なにもアルサプアに限ったことではないのですが、“フラメンコには大きな音が必要だ!!”などという非常にばかげた妄想を持っている人が、少なからず居るようです。
そんな人たちは損な人たち、と教わりました。
大きな音を出そうとするあまり、力を入れ過ぎて、結果的にサイド・ブレークを入れたままアクセル全開‥‥になりやすいようです。
少なくともサイド・ブレーキは解除してから力を入れるようにすると、pが素早く動き出すのですが‥‥。
もちろん他の指も‥‥。

大きな音を出すのは簡単なことですから、後回しにしよう!!‥‥というくらいで構いません。
それよりも、細かな音までハッキリ、クッキリ、とギターを鳴らす癖と感性を身に付けることを優先させる方が、結果的に得策!?になるようです。
参考になれば幸いです。

【フラメンコ処方箋の最新記事】
posted by 羊飼い at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183167828
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック