2018年06月09日

逆指について-2

 逆指の練習-2-です。

これができないと、まともフラメンコギターのソロができませんので、ぜひとも身に付けて欲しいところです。
といっても、できないから使わない、という選択肢もあるかと思いますが、できた方が表現力が格段に上がりますので、なんとか逃げずに頑張ってください。

ここからは譜面を見ながら読んでください。
なお、逆指で不都合を感じていない方はパスしましょう(^^ゞ

gyakuyubi-2.JPG
1.
 クラシックの教則本にも出てくるタイプの弾き方です。
アルペジオ直後のアポヤンドは‥i、です。
mを使っても音は出ますが、右手の甲のバランスを保つことを考えるとiを使うのがベストのようです。

2.
 1.のバリエーションです。
このタイプは、ソレアやアレグリアス等に頻繁に出てきますね。
どうしても弾きづらい、という場合は、慣れるまでアルアイレ風?のような使い方でも良いかもしれません。
慣れてきたらバシッ、とアポヤンドでも弾けることを目指してください。

3.
 逆指の応用編です。
主に中南米系の曲で使われることが多いようです。
インディアンハープ(アルパ)のような響きを狙っている、とも言われています。
ゆっくり丁寧に弾き始めて、慣れてきたら軽快なルンバのテンポで弾けることを目指してください。
“ポロポロ”とインディアンハープ(アルパ)のような響きが感じられたらシメシメ‥‥というところです。

健闘を祈ります
mano.jpg


posted by 羊飼い at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183494078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック