2018年07月20日

複合メカ-2

 前回、複合メカ-1としてご紹介したものは、ちょっと拡大解釈したものだったかもしれません。
今回採り上げるのは、正しく複合メカと言えると思います。

しかし、何度も言いますが、別に小難しいメカを使わなくてもフラメンコは弾けます。
というか‥むしろ簡単な、単純なメカを使って弾いた方が易しくて手軽に楽しめるかもしれません。
ただし‥すぐに飽きてしまう可能性があるかもしれませんし、そもそも表現が単一で乏しいものになってしまう可能性があるでしょうね。
といっても、最終的には好みで決まることですが‥‥。

興味のある人は、譜面を見ながら読んでください。

fukugou-2.JPG
1.
 大昔の教本には、必ずと言って良いほど出てくるパターンです。
pとiで8分音符のリズムをキープしながら、pがスラー付きの部分が出てくるモノです。

↓iのリズムが“それなりに”リズミカルな感じを感じられるように弾くことが第一ポイントですね。そして低音部にスラーが入るのですが、pのリズムの主役は4分音符ということを忘れて弾いてしまいがちです。
2拍目のスラーを省略した時と省略せずに弾いた時の音を弾き比べて、そして聴き比べてみてください。
何かに気付いたら“オ〜レ〜!!”です。

2.
1.のバリエーションの例です。
基本的な感じ方は1.と同じです。低音部のリズムパターンが異なるだけ、と考えて良いでしょう。

複合メカと言いながら、一種のポリリズムでもある、ということも頭の片隅にでも置いておくようにしましょう。
ここでも低音部のスラーを省略した時としない時の違いを感じるように弾き比べてみてください。

3.
4連符のアルペジオのリズムの中で、低音部がスラーを伴なって異なるリズムを表現している、ということを意識するようにしてください。これも一種のポリリズムになっています。
また、11拍目のpが3連符になっています。
4連〜3連〜2連?とリズムが変化しているところに“面白味?”が感じられれば幸いです。

4.
 ほとんどの大昔のギタリストたちが弾いていましたね。
高音部は5連、低音部は3連、これもポリリズムになっています。

これを、かなり適当に弾いているギタリストがいるようです。
それでは“ボ〜ッと弾いてんじゃね〜よ!!”と、チコちゃんに叱られてしまいます(^▽^)
基本練習の時にポリリズムをしっかりと練習しておきましょう。

他にも様々な複合メカがありますが、何のためにギタリストたちが複合メカを使って弾いているのか‥‥!?ということを熟考して練習するようにしてください。
素晴らしいギタリストたちは、メカ、テクニックを“ひけらかす”ことを目的としているわけではないのです。
その目的が理解できた時に、初めて複合メカの必要性を実感できると思います。

posted by 羊飼い at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183951735
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック