2018年08月13日

Niño Ricardo氏のソレア

 久々にNiño Ricardo氏の動画を観てみた。
何度見ても素晴らしいと感じてしまう。

氏に初めてお会いしたのが1970年の夏だった。氏が亡くなる2年前だったのが信じられない‥‥。
某ギター製作家から教えられた、というか紹介された日本人ギタリストのOさんが、リカルド氏のレッスンを受けているとのこと。そこで、了解を得てレッスンを見学に行ったのが初めての出会いだった。

気配を消して?レッスンの邪魔にならないように静かに息を殺して見学していたことを思い出す。
その時に、氏の写真が大きく掲載されている現代ギター誌を持参したのだが、嬉しそうに眺めてサインをしてくれた。

それから何日が経ったのだろう‥‥??。
唄い手の修行中のヒターノの友人の引っ越しを手伝っていた時のことだ。勿論夜中と言うか夜明け近くの時間帯なのだが、そのヒターノと他の友人数名と私で、粗末なタンスやベッドなどの家財道具を運んでいる時に、偶然にもリカルド氏とバッタリ。どうやらハシゴ酒の途中だったようだ。
その時、私たちの様子を見た氏に“お前さんはドロボーしなくてはならないほど金に困っているのか!?”と怒鳴られてしまった。
慌てた友人が“いやいや、今オレの引っ越しを手伝ったもらっている最中なんだ。けしてドロボーなんかじゃないよ!!”という説明に、氏も納得してくれた。
“いつ終わりそうだね!? 終わったらXXXのバルに来なさい。待ってるから‥‥”というお言葉。何か嫌な予感がした‥‥。

小一時間して引っ越しが終わり、どうしようかと考えていたところ、そのヒターノの友人が、“オマエ、リカルドが呼んでいるんだから、絶対に行った方が良いよ。オレも付いていってあげるから‥‥”ということで指定されたバルに行った。

“オ〜ッ、来たか!!”と私たち二人を迎えてくれた氏だった。
いろいろと話をしていると途中で氏が“ところで、なんでお前さんは私のところにギターを習いに来ないのかね!?”という質問を受けてしまった。ウソを言っても仕方がないので“ハイッ!習いに伺いたいのですが‥お金が無いんです”と正直に言ったところ、“なんだ、そんなことか。じゃ〜孫の世話を1時間してくれたら、1時間レッスンしてあげよう!!”という信じがたいお言葉をいただいた。即答したことは言うまでもない。
ということで、事前に連絡をして、氏の都合の良い時の不定期なレッスンが始まった。ラッキー!!(^^ゞ

ところで、この動画、ちょっと見づらいのですが、数少ない氏の演奏動画ですので、有り難く鑑賞させていただきましょう。
氏の表現を感じることはもちろんですが、pやラスゲアード、そしてアルペジオやトレモロなどの基本を見られると思います。
心してじっくりと鑑賞してください。

しかし、今のフラメンコ、特に日本ではなんでもかんでも情感過多でゆっくりと弾く傾向が強く感じられるような気がします。そんな演奏ばかりしていては、技術が乏しくて弾けないからだ、と思われてしまいますね。
好みは別としても、ソレアもこのくらいのテンポで“サラッ”と弾けなくては、今のフラメンコはとても弾けないと考えましょう!!

しかし、氏の生音には凄みがありました。


【タマ〜に書く日記の最新記事】
posted by 羊飼い at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184165187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック