2018年08月22日

複合メカ-4 トレモロ編

 複合メカの第4回目、です。
今回はトレモロ編を採り上げてみましょう。
トレモロは、単体?でも弾きづらいのに、更にスラーや回音(turn_ターン)、そしてコブシ等との合わせ技を伴なうことがあります。誰が最初にやり始めたかわかりませんが、実に面倒臭い弾き方を考えてくれたものです。“責任者、出てこいや〜!!”と、怒鳴りたい気持ちを押さえて、なんとかチャレンジしてみましょう。

ところで、回音(turn)についてですが、クラシックギターを勉強している方は当然知っているのですが、フラメンコギターをやっている方は知らない人が多いようなので、簡単に説明しておきます。
回音(turn)とは、回音記号が付けられた音を中心にして一つ上の音と一つ下の音を回るように弾く装飾技法です。
弾き方は二通りありますが、当該箇所で説明します。

また、これも、舞踊伴奏では、まず使われないようですので、興味のない方はパスしてください(^^ゞ
興味のある方は譜面をクリックして読んでみてください。

tremolo_fukugou-2.JPG
1.
 1〜3小節目の、それぞれ3拍目でメロディーの音が動いている例です。
1小節目では8分音符、2小節目では3連符、そして3小節目では16分音符も出てきます。
さて、実際にはどのように弾けば良いのか!?ということが、譜面だけではイマイチ分かりませんね!?
次の2.を読んでください。

2.
 実際の弾き方がコレ、です。
1小節目の3拍目は“ファ-ファ-ソ-ソ”と弾くのが一般的です。
2小節目の3拍目は“ラ-ソ-ファ-ファ”と弾くのが一般的です。なお、この拍の頭が前拍からタイで繋がっていることに気を配ることをお忘れなく。なお、3連符に関しては、ちょっとアバウトになる場合が多いかもしれません。
3小節目の3拍目は8分と16分なので“ラ-ラ-ソ-ファ”と弾くのが一般的です。

3.
 1小節目の2拍目に出てくるのが回音、です。2小節目の3拍目はコブシ、です。
3小節目の2拍目が3連符、そして4小節目の2拍目がコブシ‥‥。
これらの実際の弾き方は、次の4.をじっくりと見てください。

4.
 3.の実音の例です。
1小節目の2拍目に出てくる回音ですが、この場合は“ファ-ソ-ファ-ミ”と“回す”ように弾くのが普通のようです。
右手のi-a-m-iが、それぞれ綺麗に1音づつ響くように弾かなければマズイのです。
丁寧さと集中力が求められるようです。気合と魂だけでは‥‥まず、無理でしょうね。
また、くれぐれも“バクチ的”な考えで弾かないようにしましょう。ハズレの方が多くなると思います。

2小節目の3拍目のコブシ、ですが“ファ-ファ-ソ-ファ”と弾くのが普通ですが、お好みによって“ファ-ソ-ファ-ファ”と弾いても良いようです。

3小節目の2拍目の3連符、“ファ-ミ-ミ-#レ”と弾くことが普通のようですが、この場合は感じているリズムや気分によって“ファ-ファ-ミ-#レ”、或いは“ファ-ミ-#レ-#レ”になっても良いようです。
でも、そうなら最初からそのようなリズムで記譜するのが一般的なのですが‥‥フラメンコのアバウトさが出てくるようです。
ちなみに、フラメンコでは3拍子、3連符などの場合、真ん中の拍・音をテヌート気味に、つまりちょっと長めに感じることが週間のようです。そんなことも影響ある、かもしれませんね。

他にも、いろいろな合わせ技がありますが、最低これだけできれば、なんとなく様々な場合に対応できるようです。
面倒臭いのですが、なんとかモノにしましょう。

posted by 羊飼い at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184237123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック