2018年08月27日

第27回日本フラメンコ協会新人公演の感想-ギターの部

 酷暑の中で催された第27回新人公演、出演者も選考委員も、疲れました。
私はギターとカンテの部の選考委員を依頼されたので、その感想、それも、あくまでも個人的な感想として書いてみようと思う。
ただ、正直に書くので、気を悪くされてしまうこともあるかもしれないが、私の52年のフラメンコ人生からの感想ということで素直に読んで頂けたら幸いです。

まず、ギターの部から‥‥
今年は参加者が5名という寂しい感じもする状況だったのですが、それはそれとして、個人的には嬉しい収穫もあったようです。

まず、奨励賞を受賞した福嶋隆児さん、おめでとうございます。
と言いたいところなのですが、今回は運が良かった奨励賞受賞と認識して欲しいと思います。
音がブツ切れの時が多かったこと、全体に1本調子だったこと、そして何よりもリズム感・コンパス感に多少なりとも問題が垣間見れてしまいました。今後の更なる精進を期待したいと思います。

私的には、最後にアレグリアスを演奏してくれた内山友樹さん、そのファルセータ群に、勝手に粋なセビージャの空気を感じてしまいました。
とても洒落た曲作りで、良い意味で日本人離れしていたと思います。
ただ残念なことは、全体に音が細くて弱かったようです。別に力任せの大きな音は必要ないのですが、音の際立ちがあったら、と感じてしまいました。そして、もう少しテンポがあったら、文句無しに奨励賞を受賞できたと思います。
このあたりのことを今後の練習時に取り入れていただければ幸いです。期待しています。

また、1番最初に演奏してくれた磯谷徳志さん、しっとりとしたコルドバ風のソレアと、これも勝手に感じてしまいました。素晴らしい感性と思います。パコ・ペーニャ氏やビセンテ・アミーゴ氏に繋がる流れを感じました。
ただ残念ながら、やはり音が全体的に弱かったようです。
また、アルペジオにもう少しの配慮をして欲しいと感じました。左手のスラーも‥‥。
アルペジオとスラーは、ギターのキモですからね。丁寧さが欲しいところです。
今後の進化を期待していますので、ぜひ丁寧な練習を積み重ねてください。

今回は、全体的に、わざとらしい、そして、これ見よがしのラスゲアードが少なかったのは嬉しいところです。勿論、必要性があれば、バリバリとラスゲアードをしても良いとは思いますが‥‥。
あくまでも、ギターソロという立ち位置でのフラメンコを弾いて欲しいと思います。
また、pの音ばかりが強く感じてしまうところ、アルペジオの正確性に、更なる心配りが欲しいと感じました。
でも、P.Aというか、マイクの特性もある可能性もありますので、ナンとも言えませんが‥‥。

皆さんの今後の成長・進化を期待しています。
しかし、暑かった‥‥(-_-;)

【タマ〜に書く日記の最新記事】
posted by 羊飼い at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184273987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック