2018年10月24日

懐かしい写真が‥‥

Facebokに懐かしい写真がupされていたので、ついつい転載してしまおう(^^ゞ

granada en osaka 1974.jpg

1973年1月に催された、“グラナダ”という大阪のお店が主催したコンサートのプグラム、です。
私が初めて大阪で弾かせていただいた記念すべき?コンサートでした。
(しかし、よくぞ保存されていますね〜!!)

実は、このコンサートの前年に某新聞社主催のフラメンコギター・コンクールがあり、私は出場したくなかったのだが、当時の師匠が『入賞する・しないはどうでも良い。自分の存在をアピールするには良い機会だから、ぜひ出場しなさい!!』との言葉に従って、しぶしぶエントリーした次第です。
しかし、アピールという言葉は、今でも私にはしっくりと来ないものがあります。あまり好きではないので‥‥。

さて、コンクールの結果ですが‥‥4位でした(-_-;)
ま、“他人の評価がすべて”の世界ですので仕方がないのですが、ちょっとばかり審査に納得がいかなかったことを覚えています。
このことについての信頼できる論評というか感想が寄せられていたので、転載しておこうと思います。

-------
野村忠司さんは全日本フラメンココンテストで1位の方です。有名な飯ヶ谷さんは第4位でした。しかし、野村さんは飯ヶ谷さんのほうが1位として、グラナダに紹介されました。
4位の結果になったのは足でリズムを取ったことによるもので、当日の審査員がフラメンコを知らなかったことによるものです。やっぱ、優れたギターリストは良いものはわかるのですね。
-------

分かる人には分かるものだなぁ〜と、正直、嬉しかったことを覚えています。
演奏の内容・出来ではなく“足でリズムを取ったこと”によって大幅減点されたということです。
バカバカしい理由です‥‥(@_@)
これは、ブレリアスを弾いた時に“トン-トン-パッ”と足でブレリアスの基本のリズムを取っていたから‥‥ということです。
しかし、パルマやカホンが入った時と比べれば、音量も小さく、演奏の邪魔にはならないと思うのですが‥‥!?
ちなみに、パコ・デ・ルシアを始めとする多くの本場のギタリストたちも、やっていることなのですが‥‥ね!?
しかし、審査委員長のHJ氏には、それが耳障りだったそうです(*_*;

当時は、まだサビーカスやリカルド、そしてファン・マ−ジャ各氏等のようなギターが、日本ではメジャーでしたから、仕方がないと言えば仕方がないのでしょう。
パコ・デ・ルシアやパコ・ペーニャ、そしてアビチュエラ各氏の様なギターは、異端に感じられたようです。
審査委員各氏の趣味の悪さと勉強不足なだけだと思いますが‥‥!? ハハハッ、書いてしまった(^◇^)

しかし、この時の1〜3位になった方々が、私をこのコンサートに出演できるように主催者に進言してくれたようです。
有り難いですね(^_-)

そう言えば、やはり大昔、真の天才ギタリストの山下和仁さんが日本でのコンクールでは1位になれなかったのに、直後のフランス・スペイン・イタリアの名だたるコンクールで連続1位になったことがありましたね。
その時の日本のコンクールの審査委員の中に居た人が、私を4位にした人です。ハハハッ、書いてしまった(^◇^)

何を信頼して良いか難しい時代なんですね〜!!
今に始まったことではないのかもしれませんが‥‥困ったものです(^-^;
どうでも良いことなのだが、チケット代、安いですね〜 ^^) 

【タマ〜に書く日記の最新記事】
posted by 羊飼い at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184757283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック