2018年12月01日

つぶやき‥‥

 ネット講座の更新が終わって“ホッ”としている。
思えば、数人の元生徒の人たちから“直接レッスンに行けなくなってしまったが、ネットを使ってレッスンしてもらえないでしょうか!?”と依頼されたことから始めたネット講座、気が付けば13年もやっている‥‥(^-^;
初めは本科だけで始めたのだが、“もっと初心者向けのコースを作って欲しい!”という問い合わせ・要望が増え入門科を新設、更に本科を終えた人たちからは“もっと上級のコースを作って欲しい!”との要望から研究科を新設、“曲を中心としたコースは無いんですか!?”との要望に応えてレパートリー拡充科を新設‥‥なんだかんだと要望に応えていたら、現在のような感じになってしまった‥‥(-_-;)。
基本的には年単位でぐるぐると同じ教材を使っているのだが、研究科とレパートリー拡充科は毎月新しい教材・曲をすこしずつ更新している。これが意外と重労働?で、練習を欠かすと‥弾けなくなってしまう。
とにかくレベルが高いから‥‥(^-^;

ここで書くのもナンですが、フラメンコ協会新人公演に出てくるギターの人たちの数倍レベルの高いファルセータを課題として出している。
当然の帰結?ではないが、受講している人たちの中で、パコ・デ・ルシアやパコ・ペーニャ、そしてビセンテ・アミーゴやマノロ・サンルーカルの曲を気持ち良さげに弾ける人がごろごろしていますから‥‥。

でも、人前で弾くよりも、自分のために弾きたい‥‥という人が多いので、誰も新人公演のような会には出たがらないようです。精神的に健全なんでしょうね。
弾けもしないのに人前で弾きたがる人の、なんと多いこと‥‥驚きます。
羞恥心が無いのか自信過剰なのか‥‥私には分かりません。

ちょっとファイル数を数えてみたら、A4サイズの譜面が1000ページを超えている。説明文は2000ページ以上になっているようだ。よくも書いたものだと自分でもびっくりする始末。
多少重複している部分もあるのだが、もし、それらを編集して教本にしたら2000ページくらいのモノになってしまうみたいだ。
とてもじゃないが‥‥売れない!?

誰か、本気でフラメンコギターに向き合う真面目な少年・青年が居たら、楽器もろとも教材・資料を無償で譲っても良いと思っているのだが、そんな青年には、残念ながら出会っていない。
以前、私のところに来ていた天才少年が生きていてくれたら‥‥なんて思うこともシバシバ‥‥。唯一、心残りのことのようだ。

さてさて、いつまでネット講座を続けるものか、思案中というのが正直なところ。
ネタ切れの心配は無いので、心・技・体のバランスが大きく崩れなければ、あと7〜8年位続けられるかもしれない。
但し、何らかの事故・災害・病気になってしまえば、この限りにあらず‥‥ということになるのだろう。

しかし、フラメンコギターにすべてを捧げても良い、という少年・青年に出会いたいものです。
できれば、中学生くらいが理想なのだが‥無理だろうな〜!?
本人の本気度具合にもよるが、3〜5年位でパコ・デ・ルシア並みにしてあげられるのだが‥‥。

posted by 羊飼い at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185108856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック