2019年05月16日

左手の拡張のための練習-2

 以前に『左手の拡張のための練習-1』として書きましたが、今回はその第2弾、です。

ギターは左手で弾くもの‥‥と、大昔にクラシックの師匠に言われていたのだが、私自身の経験からも"御意"と感じることです。
右手ばかり動いても、実際の心に届く、響く音にするには、やはり左手の指が正確にコントロールされることが必須のようです。
ちなみに、コントロールといっても意識的ではなく、無意識的に、つまり心の趣くままにコントロールされる、ということです。
もちろん練習時には"意識しまくり"ですが、繰り返すことによって練習課題を大脳ではなく小脳に叩き込む、みたいな感じが練習するということのようです。(ギター馬鹿の脳科学者の説、です(^^ゞ)

さて、興味のある方は譜面をクリックしてから読んでください。
魂だけでフラメンコをやりたい方は、例によって無視してください(^^ゞ

jidarite-3a.JPG
1.
 単純な音列を2回繰り返しています。
ここでの課題というかポイントは、左手小指の拡張の感覚?です。
小指を使おうとすると、手全体が小指側に移動してしまいがちですが、時には手・手首を動かさずに小指だけで押さえないと弾けない時が出てくるものです。

1小節目の2拍目の最後の"ソ"を押さえる時に、直前の"ファ"を押さえていた人差し指、ついつい離してしまいがちですね。もちろん離して良い時もありますが、拡張のための練習ですので、押さえたまま次の音に向かってください。

さてさて、このように押さえた時の小指の感じ、押さえ辛さ?の感じを覚えておいてください。☜ポイント、です(^^ゞ
もし、特別やりづらさを感じない方は、今回の記事?はパスして構いません。既にできていると思われます。おめでとうございます(^O^)
多少とも、やりづらさを感じた方だけ次に進んでください。

2.
 1.と似ていますが、1小節目の3拍目で、突然?"ラ"で小指を使います。これも2回弾いてみます。
この時、2拍目の真ん中"ファ"で使った人差し指は、@弦から離れるだけで、決して小指側に移動させないように気を付けます。ただ弦から離れるだけ、です。でないと、練習効果が無くなりますのでご注意ください。

さて、1.の場合と2.の場合で、小指のやりづらさに違いを感じられるでしょうか!?
感じられるまで何度も弾き比べてみてください。

1.よりも2.の場合の方が、多少なりとも小指が動かし易い、或いは、小指が拡がりやすく感じる、というのが標準です。
もし、1.の方が押さえやすいと感じる人は、ちょっと誤魔化し気味で弾いている可能性があるかもしれません。
手や手首を小指と一緒に動かしていませんか!? ズルは自分のためになりませんからね!!

《ヒント》
1.の場合、1拍目から音が上昇しています。そして2拍目も上昇してから薬指での"ソ"を経由して"ラ"で小指を使います。
2.の場合、やはり1拍目から音が上昇していますが、2拍目の最後の"@弦ミ"で一瞬上昇感が緩んでから"ラ"で小指を使っています。
つまり、1.と2.での小指の押さえ易さ・拡張の具合の違いは、2拍目最後の音を使う指で変化してくることになります。
ちょっと細かいかもしれませんが、指の関連性・独立性を捉えるためには、このあたりのことから始めることが有効のようです。
分かるかな〜!? 分かんねーだろーな〜!?‥‥なんて、昭和のギャグが、ここでも有効のようです(^-^;。


次に応用例を練習してみましょう。
jidarite-3b.JPG
3.
上昇していそうで下降部分がポイントになるパターンの例です。
小指の直前の指に注意しながら何度も弾いてみてください。テンポは‥‥"初めゆっくり中ルンルン、慣れたらどんどん速くする"‥‥なんかおコメを炊く時の語呂に似ていなくもないのですが、私が子供の頃に習った言葉をちょいアレンジして書いてみました<(_ _)>

4.
上昇と下降が入り混じった場合の例です。
これも"初めゆっくり中ルンルン、慣れたらどんどん速くする"‥‥と、楽しみながら繰り返してみてください。
要するに、上昇時と下降度での左手の指の使い方(運指の方法)、そして力の使い方のコントロールが大きなポイントになります。

参考になれば幸いです


【フラメンコ処方箋の最新記事】
posted by 羊飼い at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186006276
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック