2019年08月19日

逸材‥現る‥‥(^O^)

 台風の影響が心配された今年のお盆休みの1レッスン週間、結果的に誰一人欠席することなく無事終了しました。
今回は新顔?が約半分、1レッスンの常連さんが約半分といった顔ぶれでした。
常連さんたちは、しっかり真面目に練習している成果が見られ、とても充実したレッスンができました。
今後も、コツコツと練習を積み重ねて欲しいところです。

さてさて、今回の新顔さんの中で、逸材を発見しました(^◇^)。
フラメンコギター歴は2年弱とのことですが、クラシックギターを5年ほどやっていたそうです。
彼の演奏を聴いて、そして見たところ、反作用もできているし指の戻りも素晴らしい‥‥どなたに習っているのか!?、と尋ねたところ、お父さんに教えてもらっていたそうです。いわゆるギター教室には行ったことが無いとのこと、現在も独習だということだった‥‥かなり驚きました。
それに、なんとシルヤブをスラスラと弾いて見せてくれました。ただ、アドリブができないというか、やり方がわからないとのことでしたが、イントロ部分とテーマ部分をスラスラ・キラキラとギターを響かせてくれました‥‥脱帽(^-^;

それにしても、指の戻り方と力の使い方に天才的動き?を感じたので、"ひょっとして、小さい頃にピアノを習っていませんでしたか!?"と尋ねたら、"はいっ、3歳の頃から10年間習っていました。でも‥‥飽きてしまったので辞めてしまいました‥‥"とのこと。やっぱり‥‥(^^♪
親指に関することを知りたいとのことで、様々な使い方などを詳しく説明したところ、呑み込みがやけに速い。今まで私のところに来ていた人たちの中では、群を抜いて覚えが速い。天才的な理解力と実行力、と感じた。

おっと、彼は現在高校2年生で、将来は弁護士志望、とのことです。
お父上が弁護士事務所を経営されているということで、将来は後継ぎになるのが宿命だそうです。
わたしとしてはプロに誘いたくなるほどの実力と素質と性格‥‥なのですが‥‥残念(-_-;)
ちなみに、今回はお父上と車で来ているとのことで、お父上にもレッスンに同席してもらうべく、連絡してもらったら、なんと、近くのパチンコ屋で時間を潰しているとのこと、すぐに来ていただいた。

いろいろとお話を伺ったのだが、やはり将来は弁護士、ということは決定済みということなのだが、フラメンコギターは続けて弾いていきたい、ということで了承した次第。
確かに、弁護士になった方が生活が安定するし、社会的地位?も高いことだし、仕方ないですね。
考えてみれば、お金もある、才能もある、そして何より性格が素直‥‥ただ、イケメンでは‥なかった‥<(_ _)>
今後も暇を見つけては通い続けたいという‥‥楽しみが増えた(^^♪。
しかし、惜しいな〜(-_-;)
ところで、お父上曰く"今後何か困りごとがあったら、何でも相談してください!!"、とのこと。
顧問弁護士?になってくださるとのこと、有り難い!(^^)!

【タマ〜に書く日記の最新記事】
posted by 羊飼い at 10:34| Comment(2) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
 初めまして。
スゴイですね、そんな高校生がいるとは驚きです。
ぜひ、プロになって欲しい人材ですね。
でも、家庭の事情もあることなので、仕方のないことなのかもしれませんね。
しかし、一度聞いてみたい気がします。
僕も、その高校生を目指して頑張って練習します。
とても良い刺激を受けてしまいました。
Posted by 池澤敏夫 at 2019年08月19日 16:24
こんにちは、飯ヶ谷です。

>スゴイですね、そんな高校生がいるとは驚きです。
そうなんです。ただ、まだ技術的な部分だけと言えばそれまでなのですが、私のような凡人の域を超えていることは確かのようです。
プロ以上の演奏する弁護士ギタリストが誕生する日も、そんなに遠くないと思います。
楽しみにしているところです(^^ゞ
Posted by 羊飼い at 2019年08月20日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186441411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック