2019年08月21日

またまた凄い反響が‥‥(^-^;

 『逸材‥現る‥‥(^O^)』と『フラメンコでの作曲法』についての記事?に対する反響が凄いことになってしまった。
今朝といっても10時なのだが‥、パソコンに向かったところ、100通を超えるメールが来ていた(@_@)
ざっと目を通してみたのだが‥得意の速読で‥(^^ゞ
『逸材‥現る』に対しては、ぜひ生で聴きたい、とか、一緒に弾きたいとか‥‥相変わらず自分本位な希望を書いている人がほとんどだった。
せっかくの逸材、そっと静かに育てたいと考えています。ご了承ください<(_ _)>
それに、絶対にプロにはなりませんので、併せてご理解ください。

『フラメンコでの作曲法』についてですが、具体例を挙げての説明は不可能です。物凄い量になってしまいますので‥‥。それに、タダでは書きたくないので‥‥(^^ゞ
今回は、作曲に関心がある人なら誰でも知っている程度のことを書いただけです。もし、興味のある方は各専門書を購入して勉強してください。
それよりも、何度もしつこくて恐縮ですが、"閃き"・"気づき"が無ければ、何もできない、ということを肝に銘じて欲しいと思っています。
これはフラメンコや音楽だけでなく、スポーツ等でも同様のようです。
いくらコーチが良い助言をしても、ただ単語・言葉の意味の理解だけしかできない人には、"実感"を得ることは難しいということと同様に思ってください。
"おっと、この感じは何なんだ!?"という疑問に始まって、そして試行錯誤を経て"あ〜っ、そうゆうことか!!"という"閃き"・"気づき"によって"実感"を得る‥‥この行程が絶対に必要なのです。特に私たちのような凡人にとっては‥‥(^^ゞ
但し、秀才や天才、またはそれに準ずる人たちの場合は、すぐに"閃き"・"気づき"が訪れるようです。
大げさに言えば"神に選ばれし人たち"なんでしょうね‥たぶん‥。羨ましい限りです(-_-;)

スペインに行く、行かないは、どうでも良いようです。
スペインに行っても"閃き"・"気づき"が得られない人よりは、スペインに行かないけれど"閃き"・"気づき"を得られた人の方が素敵なフラメンコをしているようです。踊り手さんでもギター弾きさんでも、何人も見てきました。
でも、観客の方が"閃き"・"気づき"が無い人がほとんどなので、評価がおかしなものになってしまっているようです。
哀しい現状、ですね。

どうでも良いけれど、『ヘレスの子供たちのブレリアのリズム練習』関連の記事、まだまだ読んでいる人が減らない(@_@) もう30,000ビューを超えました。そんなにフラメンコをやっている人は居ないはずなのだが‥‥ワカラン!!

乱文にて‥‥


【タマ〜に書く日記の最新記事】
posted by 羊飼い at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186452924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック