2018年11月11日

神の音‥‥

先ほどFacebookにも投稿したのだが、NHKの再放送番組『フジコ〜あるピアニストの軌跡〜』を何気に観たのだが、以前に観た時とは異なる感動を受けてしまった。
確かに、彼女の数奇な人生?もドラマチックなのだが、その人生の経験が音に出ているのは当然のこと、という感想は以前にも受けたのだが、改めて観た、いや聴いた時に、突然鳥肌が立ってしまった。自分でも驚いた。
こんな経験は、初めてメルチョール・デ・マルチェーナ氏、そしてパコ・デ・ルシア氏の演奏を聴いた時以来だ。
事故と事件と感動は、突然やってくるようだ。

特に、番組終了間近の、フジコさんが自宅でリストの“ラ・カンパネラ”を弾いているシーンで、思わず鳥肌が立ち、涙腺が刺激されてしまった‥‥。
何という音楽だろう‥‥何という音なんだろう‥‥まるで、神の音・言葉のように私の胸に届いてしまった‥‥。
前回の放送では受けなかった感動だ。
今日の私の精神状態のせいなのか!?‥‥トシを重ねたことで感受性が研ぎ澄まされてきたからなのか!?‥‥ワカラン!!
余りの感動から、“お薦め動画集”にも“ラ・カンパネラ”の演奏動画をリンクしておきました。
そして、ここで同じ動画をリンクしてもつまらないので、やはり素晴らしい演奏を聴かせてくれている“愛の夢”をリンクする次第です。

音楽もそうなのだが、聴く人の生きている様(さま)、生きてきた様、そして生きている間に受ける様々な経験などから趣向というものが醸成されるらしいので、この演奏動画を鑑賞した時の感想は様々だと思います。
私のような生き方をしてきた人間にとっては、とても深い感動をもたらせてくれるようです。
ぜひ、心静かに聴いてみてください。




posted by 羊飼い at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2018年11月10日

恐るべしオジサン-2

恐るべしオジサン(Jose Manuel Canto Viñasさん)の演奏Par2、です。

ちょっと前にココでも紹介した“大聖堂”を弾いていたオジサンですが、なんとパコ・デ・ルシア氏の“Monasterio de Sal_コロンビアーナス”を弾いています。
しかも、ベースまで‥‥まさに“恐るべしオジサン”‥‥(@_@)。
これでアマチュアさんとは、信じ難いですね。

ちなみに、このコロンビアーナスは、パコさんの曲の中でも最も難しい曲の一つと思っています。
私も今まで何度か弾いていますが、このホセさんのように余裕はありませんでした‥‥(^-^;
練習では毎日弾いている曲の一つなのですが、軽い気持ちでは弾けない曲の一つです。
いつまで弾けるか‥‥神のみぞ知る‥‥ですね(^^ゞ

『テクニックは必要だが、テクニックに溺れてはいけない‥‥』と、あの天才チェリストのパブロ・カザルス(1876-1973)氏が言っていましたが、私は溺れるほどのテクニックが欲しいと思います(^_-)‥‥どんなものでしょう‥‥!?
某ギタリストは酒に溺れて肝硬変で亡くなりました。
某ギタリストは女に溺れてギター界から消えました。
関係無いですね‥‥失礼しました<(_ _)>


posted by 羊飼い at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2018年11月06日

まとめレス 11月号

 変なタイトルですが、先月に頂いたお問い合わせや質問、そしてアクセスに関することなどをまとめて書くことにしました。
1.
相変わらず“ヘレスの子供たちのブレリアのリズム練習”と“ヘレスの子供たちのブレリアのリズム練習-補足”へのアクセスが止まらないようです。
しかし、フラメンコに興味のある人が、これだけ多いのかどうか‥‥疑問です。同じ人が月をマタイでアクセスしているのかな〜!?
ちなみに、同月内の場合、同じ人が何回アクセスしても数には入らない設定になっています。
ひょっとして踊りやカンテを習っている人も見に来ているのかな‥‥? だとしたら、嬉しい限りです。
といっても、記事を読んだ後に“なんかヘンなことが書いてある。これ書いた人、フラメンコが分かっていないみたい!!”なんていう感想を持たれてしまう可能性も無きにしも非ず‥‥でしょうね。だとしたら、ちょっと哀しいですね(^-^;
ま、その人が普段フラメンコをしている環境によって、判断が決まってしまうことは仕方のないことと思っています。それが現実ですから‥‥Es la Vida‥‥。

2.
しつこくお願いというか、書いているおかげで、譜面の要求メール?が減ってきたようです。
譜面やタブ譜ならネット上に相当数出回っているようなので、それらを利用していただければ、と思います。
ただし、不完全なモノも多いようですが(あくまでも伝聞‥)、それらを元にして自分の耳で訂正・修正を加えることをお勧めします。最初から耳コピ・採譜をするよりは、多少楽だと思います。
それに、耳コピをするということは、一つの音にじっくりと耳と心を傾ける、という作業になりますので、より深い理解と集中力を養うことにもなります。
1日1時間と時間を決めて取り組んでみるのも方法の一つかと思います。

3.
レッスンに対してのお問い合わせについてですが‥‥
決まった曲を少しずつレッスンするだけではなく、普段の練習で出た問題、感じた疑問、そして効果的な練習方法だけのレッスンを受けることもできます。
1レッスン制を利用していただければ、と思います。
なお、効果が出なかった場合にはレッスン料はお返しする‥‥なんていうことはありませんので、ご了承ください。(^-^;

posted by 羊飼い at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記