2017年04月25日

忘我と無我‥

 昔から気になっていたことの一つ‥忘我と無我‥。

演奏するにあたって雑念があると集中できない。
更に“カッコ良く決めてやろう!”などと考えただけでズッコケル(ほとんど死語!?)‥。
そこで、いろいろなジャンルの演奏家たちに“どうやったら演奏に集中できるのか教えてください<(_ _)>”と尋ね続けていたのだが、要領を得なかった。

そんな日々の中、あるジャズのベーシスト(とても感じの良い演奏をする)から“う〜ん、そうね、まずは瞑想なんかから始めてみたら!?、またはクスリをやったら良いよ!!”と助言を受けた。
まさか‥クスリ?‥つまり薬物は‥避けた。

更にその後、ひょんなことで知り合った某宗教の高僧、なんと一橋大学卒のインテリなのだが“そうですか、本当の集中を知りたいんですね!? では、毎週最低2回は来てください、一緒に瞑想して邪念を捨て去る修行から始めましょう”とのことだった。以来、約1年間通い続けた。
ある日その高僧が“飯ヶ谷さん、そろそろ一人で瞑想できそうですので、何か気になることがあったときだけ来れば良いでしょう。”との嬉しいお言葉をいただいた。
あれからウン十年、残念ながら、まだ結論が出ていないというのが正直なところだ。

忘我と無我‥‥言葉の遊び?程度の違いしか実感できていない可能性が大、という状況なのだろう。
ごく稀に、普段とは違う緊張感、その後に来る集中感は何度か経験したことがある。
自分の音が遠くで鳴っている‥‥周りの音が遠くに聞こえる‥‥光の粒子が見える‥‥時間の感覚が薄れる‥‥などを感じたことがある。
興奮も無く、自分では淡々と弾いていた感じがしたが、常連の感想は“今日の飯ヶ谷さん、まるで別人だったよ!! すごく良かった、いつもこんな感じで弾いてくださいね!!”とお世辞にしても嬉しいお言葉を頂戴したことがある。
この時の感覚が無我の境地に近かったのかな‥‥!?

忘我‥‥これはアホやガキでも経験できるもので、ただただ夢中になって我を忘れること。
良く言えば、熱中, 必死, 没頭, 夢中、などの言葉と同様な気がする。
悪く言えば、ただ“その気”になってがむしゃらになること、でしかないだろう。

無我‥‥そもそもが仏教用語で、「我が無い」と「我ではない」(非我)の両方の解釈がなされるらしい。自分に捕らわれる心を超越した心、とも考えられている。
日常的に使われる“無我夢中”という言葉は、ある事にすっかり心を奪われて、我を忘れてしまい、他のことを考えられない状態、ということだが、忘我とどこが違うのだろう‥‥!?
無我の境地‥‥という言い方はあるが、忘我の境地という言い方は、あまりしないと思う。

何かを追求して行く中での鮮明で集中した意識状態を、とにかく経験したいという欲望、しかしこれも“我”の一つなのだが、“我”は自分で捨てるのではなく、いつのまにか無くなってるように感じる、とも言われている。修行が足りないのかも‥‥!?

経験者の言うには、無我の状態とはトランス状態とは異なるし、忘我の状態は“忘我混沌”の程度でしかないよ!!‥ということらしい。う〜ん‥‥脳が混沌としてくる‥‥。
無我の境地でギターを弾けたら、即、死んでも良いと思う今日この頃。
フラメンコで言う“ドゥエンデ”とやらは、無我の境地なのか、或は忘我の境地なのか‥‥経験してみたい。
さてさて、どうなることやら‥‥!?

徒然なるままに書いてみました。
とにかく‥‥まとまりがない<(_ _)>

posted by 飯ヶ谷 守康 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2017年03月29日

カモ‥‥


 少しづつ春が近づいている今日この頃、桜の開花宣言が出されて1週間経つが、朝晩はまだ寒い。

健康のために続けている散策、珍しく飽きもせずに続いている。
今日は珍しくスマホ持参で歩いてみたのだが、カモを見つけたので思わず撮ってみた。
別に珍しいことも無いのだが、札幌時代に愛犬を連れて散歩していた中島公園内の鴨々川に似ていたので、つい撮ってみたくなった次第。
ちょっと光の関係もあり見づらいのだが‥‥ま、いいか!。

kamo-2.jpg
松ヶ崎のカモ

 04_01_07 (8).jpg
中島公園のカモとカルメン

posted by 飯ヶ谷 守康 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2017年03月27日

著作権料が振り込まれていた

 著作権料が振り込まれていた。
といっても、売れっ子の作家や音楽家が受け取るほどの金額ではないことは当たり前、一言で言えば‥‥たばこ代程度‥‥というほどだ。
また、私程度の場合は、年1回の振り込みしかない。という訳で、私的にはボーナス?的な位置づけで考えている。

しかし、もう30年以上のレコードと20年以上も前のCDの、たった2つのアルバムの著作権料が、いまだに振り込まれるということは、或る意味ありがたいことだと思う。金額はさておいて‥‥。

それぞれが発売された当時は、結構な金額の著作権料が振り込まれていたものだ。
こんなに貰って良いものだろうか!?‥‥と感じるほどだった。正直、嬉しかった。
ただ、年々金額が少なくなって、数年後には桁が1桁少なくなっていった‥‥(^-^;

今回の著作権料の主な内容だが、BGMと有線ラジオ放送によるもの、とのことだ。
BGMって何なんだろう‥‥? 分からない。
有線放送は、結構長い間いただいている項目?だ。
放送局の担当者が選んでの放送と、視聴者からのリクエストによる放送とがあるらしい。
いったい、誰が何処でリクエストなんかするんだろう‥‥? 分からない。

大昔、自分の曲が流れる、ということを知人から聞いて調べてみたら、フラメンコ専門チャンネルがある、ということを初めて知った。そのチャンネルでは24時間、フラメンコばかり流していた。
その頃はパコ・デ・ルシアの曲が何曲か流れた後に私の曲が数曲流れていた‥‥ちょっとばかり悪意を感じたものだ(^^;)。
直後がサビーカス、だった‥‥なんていう順序で流すんだ!!とクレームをつけたくなったことを覚えている。

しかし、まだまだ頂けるものなら頂いておきたい、と思う。たとえたばこ代程度とはいえ、ギャラの一部?として有り難く頂こうと思う。

どうでも良い話で恐縮です。<(_ _)>
posted by 飯ヶ谷 守康 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記