2017年03月25日

ついに買ってしまった-その後

 また同じネタで恐縮、です。

本当はWindows Surface Pro 4が欲しかったのだが、評判がイマイチなのと高価なので購入をためらっていたのだが、ほとんど同じくらいの機能を持っていて、たまたまの格安販売につられて買ってしまったのがASUSのTransBook3 T303UA‥ということは前回書いた通り。

思えば、タブレットもスマホもASUSを使っている。台湾製だがとても丁寧な作りで気に入っている。
ASUSといえば、あの東日本大震災が起きた直後から、誰も目にすることがないパソコンなどの基盤に“がんばれ日本!”的なメッセージが書かれていた、と聞いて以来、すっかりファンになってしまった、という理由もある。

ところで、先日紹介した動画(https://www.youtube.com/watch?v=D_PgKyqE3RU)を見て以来、心というか頭の片隅からこの動画のことが離れない。
簡単に言えば「ペンで書いた音符がどんどん浄書される楽譜ソフト」ということだそうだが、とても気になっていた。Surface Proじゃないと動作しないかもしれない‥‥と思いつつ、“え〜い、たかだか7,000円じゃないか!”と清水の舞台から飛び降りる覚悟?で、ついにStaffPadも購入してしまった。

カード決済後、すぐにダウンロード。
さぁ、動くかな〜と恐る恐る起動したみたら、あっけなく作動した‥‥。
いつも使っている譜面作成ソフトのFinaleもペン入力できるようになったので、今までよりは効率良く譜面が書けるようになったのだが、このStaffPadでは、本当に鉛筆などで譜面を書く感じで作れる。凄く自然な感じで不思議だ。

もちろん、音数の多い譜面や精密な譜面に仕上げる場合にはFinaleの方が格段に優れているが、ちょっとしたアイデアやメモを取る感じで譜面を作りたい場合は、StaffPadの方が非常に扱いやすいし優れているようだ。
それに、保存時にmidiファイルで保存すればFinaleに簡単に移せるし‥‥凄い。

レッスンの時に、生徒さんによって異なる悪い癖を修正するためのちょっとした練習課題、或いは細かな説明に必要な譜面は、いちいち五線紙ノートにその場で手書きして渡していたのだが、これからはStaffPadで書いて直ぐにプリントして渡せそうだ。
それに、書いたものを保存できるので、とても便利に使えると思う。
いろいろな使い方が出来そうだ。

もし、譜面を必要とする人がいたら、ぜひともお薦めしたいツールだと思う。
買って損は無かった‥‥。

staffpad.jpg
posted by 飯ヶ谷 守康 at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2017年03月21日

ついに買ってしまった

 知り合いのギター弾きから教えてもらった情報なのだが‥‥
“まるでペンで書いた音符がどんどん浄書されるいく楽譜ソフトのStaffPad、知ってる!?‥ただし、Windows Surfaceシリーズのパソコンじゃないと使えないかも‥!?”ということだった。
さっそく紹介された動画(https://www.youtube.com/watch?v=D_PgKyqE3RU)を観て感動してしまった。
昔から欲しかった機能を持ったソフトが、ついに誕生したんだ‥スゴイ‥!!

しかし、パソコンから揃えなければならない‥‥半分年金生活の下流老人?には、ちょっと考えものだ。それに、いつまで使うか分からないから‥‥。
現在2台のパソコンとタブレット、そしてスマホ‥‥これ以上モノを増やしたくない‥‥という気持ちもあった。

ま、買う必要は無いだろうと思いつつ、いろいろと探してみていたら格安情報が見つかってしまったのだ。
今月末までならパソコンが2割引き、しかもSurface Pro4と同等のCPUを持っていてRAMが8ギガ、内臓SSDが256ギガ‥‥う〜ん、欲しい!!
ほとんど衝動買いのように購入してしまったという次第。
機種は‥ASUS 2in1 TransBook3 T303UA /Win10/Core i5/8GB/SSD 256GB/12.6型タッチ3K(WQ+)液晶/ASUS Pen付き/ T303UA-GN054‥というヤツだ。

ほとんど音楽専用に使う予定なので、容量的には問題ないだろう。
しかも価格がSurface Pro4の半額程度、文句のつけようがない代物だと思う。
翌日には品物が届いた、速い!!

さっそく初期設定を済ませ、各種デバイスのアップデート、そして必要なソフトやアプリを入れて動かしてみたが、気持ち良く動いたので驚いた。さすがRAMが8ギガあるからか?或はCPUの能力のせいか!?
考え中だったStaffpadは必要無いかもしれない。
今まで使っていたFinaleでペン入力してみたら楽々と譜面が書ける。
いつも右手のマウスばかり使っていたが、今度は左手で音符の長さを指定して、右手で音程をペンでツンとすると、簡単に素早く入力できた。とても楽だ‥‥手にも優しい作業だと思う。

ちなみに、写真(ちょっと暗いかも‥)の左側にあるのは、サイレント・ギター等を繋げるとmidiデータとしてパソコンに入力してくれる、つまり、弾いたとおりに譜面に演奏デーを入力してくれる、という優れもののインターフェースです。
これで夜中でも明け方でも、気が向いた時に曲作りや譜面書きができるということだ。
時代は確実に進んでいるんだな〜と感心してしまった。
ちょっと昔はMIDIギターという高価なギターでないとできなかったことが、今では安価で実現できる。凄い時代になったものだ。

大昔はテープに録音しておいて、使えそうなファルセータを譜面に起こす‥‥という作業で曲作りをしたものです。
MIDI規格が現れてからは、キーボードとシーケンサー、或はパソコンを使って曲を作ったり、アレンジしたり譜面に入力したりしていたものだ、懐かしい‥‥。
ただ、キーボードで作るとギター的な感じでは無いフレーズばかりになってしまうことが多々あった。やはりギターで作らなければ‥‥と悶々としていたのだが、今回の買い物でずっと楽に、しかも楽しく音楽の作業ができそうだ。
これで思いついた時に遊びながら曲作りと譜面作りが楽にできそうだ。

asus_303ua.jpg
posted by 飯ヶ谷 守康 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2017年03月14日

ミニコンサートが決まった

ミニコンサートの日程が決まった。

今回のライヴは、ちょっと変わった内容になると思う。
というのも、ひょんなことから知合った安藤紀子さんという女性ジャズピアニストとの共演だ。
といっても、安藤さんはここ何年かフラメンコを中心に演奏されている‥‥良い意味で、珍しい。

本場スペインでもピアノフラメンコの人口?は増えつつあるようで、ジャズやクラシックを弾いていたピアニストがフラメンコの世界に流れてきているようです。嬉しい限りです!!

しかし、さすがに楽器の王様と言われるだけあって、ギター1本では太刀打ちできません。
なにせ1度に最大10個の音が出せるし、音量がすごい。
それに対して、ギターでは6個の音しか出せないし、音量は‥‥負けます(-_-;)
当日はマイクなどの拡声装置は使わないそうで、正直‥‥怖い!!
しかし、ギターだけにしかできない奏法、弾き方、そしてアレンジなどの工夫でカバーするしかないですね。

プログラム的には、それぞれのソロと重奏・合奏を何曲か予定しています。
具体的には4月に入ってから打ち合わせの中で決めることになっているのだが、個人的にはパコのZyryabは、ぜひとも弾きたいと思っている。それからCancion de Amorなんかもピアノとの相性が良さそうだ。
しかし、私自身、ピアノとの共演は初めてのこと、どうなることやら‥‥!?


- PIANO FLAMENCO Vol.5-

演奏:安藤 紀子(ピアノ) 飯ヶ谷 守康(ギター)
日時:2017年6月10日(土)Open 18:30  Start 19:00
会場:音楽堂 ano ano(アノアノ) 東京都豊島区南大塚1-49-2ハイム・デルムンド1F
   (JR大塚駅より徒歩5〜6分)  
http://anoano.net/music/access/
チケット:3,000円(前予約) 3,500円(当日) ※1ドリンク付き
お問合せ/御予約 Office Ann 0422-31-3464

※興味のある方、お暇な方、そしてお忙しい方も‥‥よろしければお越しください。
 
posted by 飯ヶ谷 守康 at 12:54| Comment(4) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記