2018年08月27日

第27回日本フラメンコ協会新人公演の感想-カンテの部

続いてカンテの部について‥‥

ただし、私はギター弾きなのでカンテについては、スペインでの修業時代の経験と知識+α、からの個人的な感想ということで理解していただけたら、と思います。
また、ギターの部でもお断りしていますが、正直に書くので、気を悪くされてしまうこともあるかもしれませんが、素直に読んで頂けたら幸いです。

さて、今回は出演者が17名と、驚くばかりの人数の参加でした。
しかし、残念ながら奨励賞ではなく、準奨励賞の受賞者が2名、という結果になりました。
私的には奨励賞受賞に値する方が1名いたのですが、選考委員の会議によって、このような結果になってしまいました。

まず私の耳とフラメンコ心を刺激してくれたのは、小林カルメンさんでした。
発音も発声も、パルマの打ち方も音程も‥‥すべて、フラメンコのカンテとして“フツー”に聴けました。素晴らしい!!
私の中では文句なしに奨励賞、です。

他の出演者の方々は‥‥ゴメンナサイ<(_ _)>
音程が不安定、スペイン語の発音に問題がある、発声がフラメンコ的ではない、カンテの詩の理解に問題がある、そして不必要に“がなる”傾向が見受けられた‥‥というところだと思います。
もちろん、好みで分かれるところでもあると思いますが、私にとっては、ちょっと限度を超えていた感じがしました。

通信会社のD社のテレビCMで、やたらとがなり立てるように歌っているのがありますが、私には雑音・騒音以外の何物でもないと感じます。
フラメンコでも、大きな声、それも喉声でがなり立てられては、勘弁してくださいとお願いするしかないのです。

パコ・デ・ルシアのドキュメントのシリーズの中で“ヘレスに行ったら、やたらデカイ声でがなり立てるように歌う唄い手ばかりだったな〜”というフレーズが出てきます。
これももちろん好みで分かれるところの一つであると認識はしていますが、私も同感なのです。
自分の心に向かって唄った声が、心で反射して、その結果・過程として出てくる大きな声ならOKなのですが、演技・主張しかない大声は‥‥残念ながら受け付けられないのです。ご理解ください。

ところで、例年はT歌劇団のように発声をする人が多かったのですが、今回は講談師か詩吟をたしなむ人たちと同じような発声をする人が多かった、と感じてしまいました。
喉に力が入り、喉が詰まり気味になる。当然、身体全体の共振が不可能になってしまい、説得力の無い、ただ大きいだけの声になってしまう。
そして、コントロール不能に陥り、リズムと音程に影響を与えてしまう‥‥というような感じを受けてしまいました。

カンテで重要なことは、詩の理解、それに関連するリズムのキメ、締め方。
そして唄うということでの最重要なことに、息の使い方のコントロールというのがあります。
これができないと母音の発声・発音スピードの変化が無くなる、つまり1本調子になり、スペイン語には聞こえなくなってしまう‥‥という致命傷を負ってしまうようです。

カンテの技術で最も難しいのが、この息のコントロールと言われています。(本場の某一流カンタオールの話し)
日本の民謡でも同様のようですね。
これができなくては、いくら良い感性を以ってしても、フラメンコにはならない、と聞かされました。
このあたりのことは、本場の唄い手さんの中でもダメな人が多いと聞いています。

今では手軽に入るCDやYoutubeなどで良いお手本が沢山ありますので、ぜひこれらを活用して練習してみると良いと思います。
スペイン人だから全部のアーティストがフラメンコのすべてを知っている、という訳ではないので注意が必要かもしれません。お互いに気を付けましょう!!

いつもながらの雑文、失礼しました<(_ _)>

posted by 羊飼い at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

第27回日本フラメンコ協会新人公演の感想-ギターの部

 酷暑の中で催された第27回新人公演、出演者も選考委員も、疲れました。
私はギターとカンテの部の選考委員を依頼されたので、その感想、それも、あくまでも個人的な感想として書いてみようと思う。
ただ、正直に書くので、気を悪くされてしまうこともあるかもしれないが、私の52年のフラメンコ人生からの感想ということで素直に読んで頂けたら幸いです。

まず、ギターの部から‥‥
今年は参加者が5名という寂しい感じもする状況だったのですが、それはそれとして、個人的には嬉しい収穫もあったようです。

まず、奨励賞を受賞した福嶋隆児さん、おめでとうございます。
と言いたいところなのですが、今回は運が良かった奨励賞受賞と認識して欲しいと思います。
音がブツ切れの時が多かったこと、全体に1本調子だったこと、そして何よりもリズム感・コンパス感に多少なりとも問題が垣間見れてしまいました。今後の更なる精進を期待したいと思います。

私的には、最後にアレグリアスを演奏してくれた内山友樹さん、そのファルセータ群に、勝手に粋なセビージャの空気を感じてしまいました。
とても洒落た曲作りで、良い意味で日本人離れしていたと思います。
ただ残念なことは、全体に音が細くて弱かったようです。別に力任せの大きな音は必要ないのですが、音の際立ちがあったら、と感じてしまいました。そして、もう少しテンポがあったら、文句無しに奨励賞を受賞できたと思います。
このあたりのことを今後の練習時に取り入れていただければ幸いです。期待しています。

また、1番最初に演奏してくれた磯谷徳志さん、しっとりとしたコルドバ風のソレアと、これも勝手に感じてしまいました。素晴らしい感性と思います。パコ・ペーニャ氏やビセンテ・アミーゴ氏に繋がる流れを感じました。
ただ残念ながら、やはり音が全体的に弱かったようです。
また、アルペジオにもう少しの配慮をして欲しいと感じました。左手のスラーも‥‥。
アルペジオとスラーは、ギターのキモですからね。丁寧さが欲しいところです。
今後の進化を期待していますので、ぜひ丁寧な練習を積み重ねてください。

今回は、全体的に、わざとらしい、そして、これ見よがしのラスゲアードが少なかったのは嬉しいところです。勿論、必要性があれば、バリバリとラスゲアードをしても良いとは思いますが‥‥。
あくまでも、ギターソロという立ち位置でのフラメンコを弾いて欲しいと思います。
また、pの音ばかりが強く感じてしまうところ、アルペジオの正確性に、更なる心配りが欲しいと感じました。
でも、P.Aというか、マイクの特性もある可能性もありますので、ナンとも言えませんが‥‥。

皆さんの今後の成長・進化を期待しています。
しかし、暑かった‥‥(-_-;)

posted by 羊飼い at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2018年08月22日

昼下がりの雑記

 台風の影響とやらで、今日も暑い‥‥そろそろ体力・気力共に限界が近いかも‥‥(-_-)
ところで、先ほどアップした“複合メカ-4 トレモロ編”の中で誤字・誤植があったので、修正しておきました。
生意気にブラインドタッチでタイピングしているので、時々誤変換に気付かずそのままにしておくのが悪いらしい。
ちゃんと読み直しているつもりなのだが、生来のせっかち症が邪魔をするようだ。反省<(_ _)>
ということで、気になる人は再度見直してください。

さてさて、24日〜26日はフラメンコ協会新人公演なのだが、台風の影響はどうなのか‥‥と私が心配しても仕方がない。
でも、事前練習に多少なりとも影響が出る可能性があるかも。特に初日に出演する踊りの人たちの中には、影響を受ける人もいるだろう、と思う。大変だな〜!!

今年は踊りは関係無いので知らないが、ギターが5名、カンテが17名も出場するとのこと、凄いですね〜!!
どうか大声コンテストのようにならないことを祈ります。聴いていてイラついてしまいますから‥‥勘弁して欲しい。
最近テレビで流れるDocomoのCMのような、ただただ喚きちらすようなカンテは、勘弁して欲しい。

ギターは、3連符のラスゲアードから始まるのも、勘弁して欲しい。魂だけで弾くのも、勘弁して欲しい。
あまり公に書いてはマズイとは思うが、年々レベルと質の低下が感じられるような気がする。
また、弾く曲も、つまらないオリジナルだったら、カッコ良い既成の曲?を弾いて欲しいところです。
もし、ブレリアやシギリージャを弾くとしたら、コンパスの基本に忠実に弾いて欲しいと思う。
私の個人的な好みなのだが、カッコ良いアレグリアスか、ドキッとするタランタやミネーラやグラナディーナを弾いてくれたら加点します!! おっと、某医大みたいなことはマズイですね(^^ゞ

ちなみに、いつも思うのだが、新人公演と言っても、本当にアマチュアの人もいるし、既にプロ活動をしている人もいるし‥‥実にバラバラなのが現状のようです。ちょっと疑問に思うのだが、どんなものだろうか‥‥!?
さてさて、今年はどんな感じになるのだろう‥‥!?

posted by 羊飼い at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記