2019年08月20日

フラメンコでの作曲法

 あまり書きたくないというか、書きようがないというのが正直なところですが、コメント欄で約束した以上最低限のことは書いてみたいと思います。
ひと口に作曲法といっても、当然ながらジャンルによっても、作曲者によっても様々だろうと思います。
以下に書き記すことは、あくまでも私の知っていることだけ、と思ってください。

フラメンコでは、まずファルセータを作り、それらをイメージや気分で順列組合せ?を工夫し、考えながら曲としてまとめていく、というのが最もホピュラーな作り方になるかと思います。
もちろん中にはモーツァルト氏のように、曲の頭から順序良く作る人もいるようです。といっても、直接モーツァルト氏に訊いたわけではありませんが‥‥(^-^;

では、ファルセータをどのように作っていくか‥‥ということですが、大きく3通りに分けられるようです。
1.リズムから作る
2.閃いた音、短いフレーズを発展、そしてアレンジして作る
3.好きなファルセータを自分流にアレンジして作る。

1.は‥‥
舞踊伴奏をしている時に、"ふとした瞬間"の踊り手さんの動きのリズム、サパテオのリズムに"ある種の閃き"を感じ、それらに音程を付ける感じで作ることがあります。特にブレリアスやアレグリアスなどのリズムモノの場合ですが‥‥。
カンテ伴奏の時にも、唄い手さんのメリスマの中に"ある種の閃き"を感じて"ファルセータの種"ができる場合もあります。
また、頭の中で基本的なリズムを鳴らしている時に、"ふとした瞬間"に面白いリズムが聞こえてくる時もあるようです。
特に、パーカッション的に遊んでいる時に閃くことがあるようです。

2.は‥‥
やはり、"ふとした瞬間"に思いついた音、気になる音列を"ファルセータの種"と感じて作ることもあります。
これは、単音の時もあるし、複数の音がメロディーっぽく頭の中に響く時もあります。
これらの音の断片を徐々に膨らませて作る場合も多いようです。

3.は‥‥
自分の気に入った曲やファルセータを何度も弾いているうちに、徐々に変化させていく感じで作っていきます。
ちなみに、この場合、他人のフレーズを勝手に"いじって"変えてオリジナル化するので、私はこれをオリジナルとは言わず"イジリナル"と呼んでいます(^-^;。

例外的に、スペインの詩を、ちょっと大げさ気味に朗読しているうちに、メロディーやリズムが聞こえてくる時もあります。
一般的な歌の作り方に似ているかもしれませんね。

なお、クラシックやジャズの理論を勉強するのも悪くありませんが、なるべくたくさんの音楽を聞いて"ファルセータの種"を頭や心の中に蓄えることに時間を割いた方が良い、と言われています。
といっても、最低限の基本的な音楽の知識、初歩的な理論は知っておいた方が有利になると思います。特に、アレンジの時に武器になるようです。

この"ふとした瞬間"そして"ファルセータの種"というのがクセモノなのですが、大げさに言えば"天の声、神の啓示"ということにもなるんでしょうかネ‥‥!?
いずれにしても、作曲の第一歩で絶対に必要なことは"閃き"のようです。
その為にも、音楽の前では謙虚で冷静で、そして集中している状態でいなければ、せっかく音が鳴っていたとしても聴き取れない、感じ取れない状況になってしまうようです。感度の良いアンテナを全方向に向けておく、ということになるようです。

どうでしょうか‥‥!?
具体的に譜例を挙げて説明したら、ちょっとした本になってしまいますので、概略だけ書いてみました。
試行錯誤をお願いします。

posted by 羊飼い at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋

2019年08月12日

リズムの練習動画

 Facebookに飛びこんできた動画です。
一応?タンゴのリズムで踊りの練習をしているようですが、ギター伴奏が無い。
ということで、リズムを取る練習になると思い、リンクする次第です。
ぜひ、動画に合わせて伴奏する気分でギターを弾いてみてください。

楽〜に合わせることができた方は、今度はブレリアスとして弾いてみてください。
面白い発見ができると思います。

しかし、こんな子供が日本にも居たら、楽しいのですが‥‥(^◇^)


posted by 羊飼い at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋

2019年08月09日

pとima-1

 なんか、同じようなことばかり書いている気が‥しなくもない(^-^;
ギターのテクニックで最も基本になるのがアルペジオとスラー、ということは口が酸っぱくなるほど書いていますが、なかなか真意?が伝わっていない気がしなくもない。ということで、しつこく書いてみようと思う次第です。

pとimaと言えば、アルペジオですね。
しかし、アルペジオと言っても、ついついimaについてばかり考えてしまいがちです。
実は、知っている人も多いとは思いますが、pが関わってくると、ちょっと面倒なことが起きてくる場合があるようです。
低音として使う場合だけでなく、使わなくてもpのimaに対する位置関係や力の保持についての理解が足りない、と感じてしまう人が少なくないようです。しつこく説明しているつもりなのですが、私の語彙力・国語力が不足していることもあるのかもしれない‥‥(^-^;

pの関節の付き方、pの関節の柔軟性によって構え方が微妙に異なってきます。
手相で言う"金運がある付き方"、つまり親指の付け根のふくらみ(金星丘)がふっくらとしている人と、私のように"金運が無い付き方"=金星丘が平に近くふっくら感が無い人、とでは異なるようです。
更にpの第一関節に柔軟来がある人と無い・足りない人では、少しばかり形を考えないと、理想的な弾弦ができないだけでなく、そもそも弾きづらく感じてしまうようです。面倒ですね〜(-_-;)

ものすごく大雑把な説明になってしまいますが、床に落ちたタバコの箱を摘み上げる、拾い上げる‥‥というイメージの形と力の使い方が、かなり理想と言うか自然な形に近くなるようです。
その自然な形を"何気に"ギターを構えた時に再現するようにしてから練習してみると、閃きが訪れる、かもしれません。
ただ、自然な形、自然な使い方と言うのは、意外と弾きづらく感じてしまうことも多いようです。
特に、ギターを始めたときに弾きやすさ優先で覚えてしまった場合には、自然が不自然に感じてしまうようです。
実は‥私も、そうでした‥‥(^-^; 
ヘンな先生に初期のレッスンを受けてしまったために、悪い癖が付いてしまいました。困ったものです‥‥(^-^;

ここからは譜面を開いて読んでください。
例によって、魂だけで弾きたい方はパスしてください(^^ゞ

p&ima-1.JPG
1.
 上昇して下降するという、最も基本的なパターンの一つです。
この時、pは"なるべく"アポヤンドで、しかも最後までアポヤンドしたままの状態を維持してimaが弾けると理想的です。
ただ、3小節目ではpのアポヤンドは無理ですので、アルアイレになってしまいますが、気分はアポヤンド‥‥という意識で弾くようにしてください。

なお、譜面では3/4拍子で書いてありますが、6/8拍子のリズムでも練習してみることをお勧めします。"何か"が閃く可能性が高まるようです。

2.
 バリエーションです。
ここでは弾き方の注意点は1.に準じますが、リズムの感じ方に注意しましょう。
3拍子と言っても"1-2,3"という括りになると思います。
ただ3拍子というだけの感じ方ではソレアもファンダンゴも同じような感じ方になってしまいます。気を付けてください。

3.
 やはりバリエーションです。
ここでもリズムの括り方に注意して弾くようにしてください。
"1-2,3"や"1,2-3"というリズムで弾いてみると、"何か"が理解できるようになる、かもしれません。

4.
 低音が2つ付いています。
ここでもリズムを3/4拍子で感じたり、6/8拍子で感じたり‥‥弾き分けてみてください。

5.
 超応用例?のひとつです。ソレア、ですね。
とても変態的な左手の指遣いをしています。
MC.1でも弾けそうな感じがしますが、ぜひこの指使いで練習してみてください。
左手中指が使いづらいと感じる場合は、左手のアーチの作り方や左手の親指の使い方が関係しているかもしれません。
なお、左手の親指に関しては、いずれ別の機会に書きたいと思っています。
ポジション移動の際にも、とても関係してくることも多いようです。

posted by 羊飼い at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋