2017年12月28日

良い年をお迎えください<(_ _)>

こんばんは、飯ヶ谷です。
今年最後の書き込みになります。

人生、いつ・何処で・何が起こるかわからない、と理解しているのですが、今年もいろいろと予期せぬことがありました。
人生は偶然の積み重ね‥‥と、私が勝手に人生の師匠と思っている方の言葉が、今更ながら実感できるようです。
良い偶然もありますが、悪い偶然もありますね。それを事故とも言うのでしょうが‥‥。

なんだかんだと言いながら、凡人の私は、天才のパコ・デ・ルシアの享年と同じ年齢になってしまいました。
いろいろな意味で感慨深いものがあります。

さて、来年はどんな偶然に出くわすことやら‥‥期待と不安が‥‥どうなることやら‥‥!?。
とにもかくにも、来年も無事に年末を迎えられることを祈ります。
皆様にとっても、来年が無事でありますように‥‥祈念!!

良い年をお迎えください<(_ _)>

般若仏母.jpg
般若仏母

【タマ〜に書く日記の最新記事】
posted by 羊飼い at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2017年12月27日

同じ釜のメシ‥‥?

ちわ〜っ、マイケルで〜す。
いつの間にか住み込んでいる同居人、いや、同居ネコも、どうやら病気が治ったみたいです。
といっても、同居の承認はマイケルがするのですが、まだ最終決断はしていません。

というのも、新入りのくせに態度がデカ過ぎるのです。
ちょっと1階を留守にしていただけなのに、ここで生まれたかのような生活態度が、マイケルには腹の立つことなのです。
あの寝姿はナンなんだ!!
リラックスし過ぎだろ〜!! と、怒鳴りたくなります。

sara-10.jpg

でも、妙に馴れ馴れしく近寄ってくるので、その度に“シャ〜ッ!!”とすると、ちょっとばかり距離を置くみたいです。
喧嘩にはならないし、したくもないのですが‥‥どう接して良いのか分からない、というのが正直なところ、です(^-^;

ま、腹が減ったのでメシにしよう!!

2017-12_01.JPG

おっと、まだお前さんのこと、認めたわけではないからな!!

2017-12_04.JPG

はぁ〜っ、疲れる‥‥(*_*)

posted by 羊飼い at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のマイケル&サラ

2017年12月20日

指先ブルブル‥‥

 こんにちは、飯ヶ谷です。

いつもギターを抱えて練習するのも疲れますね〜!!
ということで、ギターが無くても指の練習ができること、のひとつをご紹介します。

やり方はとても簡単です。
右手の手首から第二関節までを“固定させる”ように少しだけ力を入れ、第一関節だけを脱力させます。
この状態をキープしながら、左手の人差し指で右手の中指の先を“ブルブル”させるだけです。
できたら、右手の人差指・中指・薬指の3本とも行うことをお忘れなく!!

目的は‥‥第一関節の柔軟性のコントロール‥‥です。

ここが意識的に柔らかくしたり固くしたり‥‥コントロールされないと“心の要求する音”が出せないのです。
いつも指の付け根からだけの動きでは“金太郎飴?”のように、いつも均一な音ばかりしか出せません。
コントロールできるのは、せいぜい音量差だけ、ということになってしまいます。

強弱の変化だけでは“複雑な心の表現”は程遠いモノになってしまいます。
といっても、聴く側に“それたけの耳と感性”がなければ、何の意味もなくなってしまいますが‥‥哀しい現状?‥‥(^^;)

ちなみに、第一関節のコントロールができるようになると、音量・音質の変化だけでなく、スピードもコントロールできるようになる、はずです('◇')ゞ
ただし、“感”の良くない人の場合には、かなり時間が必要になると思います。1年くらい‥‥。
“感”の良い人は‥‥数分で出来るようになるようです。
でも、天才たちは‥‥最初からできているようです(クソ〜ッ!!)

この“ブルブル”が実際の演奏の中で自在にコントロールできるようになると、右手のほとんどの技術的なことに“解決の光”が見えてくる、かもしれません‥‥。
ヒマな人はチャレンジしてみてください。

ちなみに、この練習は、大昔に本場のプロたちから教えられたものです。
実際に試してみたら、いろいろなことに応用が効くようになりました。感謝!!
他にも、左手のための練習や拡張のための練習、そしてラスゲアードの練習などがありますが、気が向いたら?ご紹介します。

幸運を祈ります!!

posted by 羊飼い at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋