2017年08月13日

ピカード(picado)の特訓−その3

 ピカード(picado)の特訓−その3、です。

picado(ピカード)という言葉の意味は“細かくかる、みじん切り”という意味があります。
つまり“細かく分割する”という考え方が大きく関係してきます。
とかく日本を初めとする外国人ギタリストは“鋭い、突き刺す‥”的な意味合いで解釈している人が多いのですが、これも“大いなる誤解”の一つなのです。
強くて鋭い音を出そうとして指をバタバタと弦に叩きつけるように弾いてしまいがちですが、これでは汚い音が出るだけです。すぐに改めましょう。

ということで、ビカードの正しい理解として、今回は“分割”という感じ方について考えてみたいと思います。
また、この考え方は他のメカにも共通する部分がありますので、しっかりと丁寧に理解・実感するようにして欲しいところです。

“そんなことはフラメンコの魂には関係ない!!”と感じる人も多いかと思いますが、もっと気持ち良く心の赴くままに指をコントロールしたい、もっと指を動くようにしたいと考えている方は、ぜひ取り組んでみてください。効果絶大!です。

ここからは譜面を見ながら読んでください。

picado-3.JPG

1.
 何のことのない全音符です。
ただし、音が出た瞬間に指の力を抜いたり緩めたりは絶対に禁物です!!
参考までに良い例と悪い例の動画をサービスとして付けてみました。参考にしてください。
     ※サイレントギターで弾いてます<(_ _)>

ビカードの特訓やアポヤンドの秘密のところでも説明していますが、音が出た瞬間に力も意識も無くなることが、指の動きを阻止していることを理解してください。
音を響かせる、音に魂を吹き込むということは、音を出す瞬間ではなく音を出すための“動き”そのもの、ということを理解・実感することが最重要なのです。でないと弾いてるつもり、弾けているつもりの“つもりの世界の住人”になってしまいます。素直に謙虚になりましょう!!

ということで、全音符の長さの間、音を出してからもアポヤンドの状態は崩しません。
何度もしつこくて恐縮ですが、このようなしっかりとしたアポヤンドをやろう、という強い意志で弾くことが“普通のアポヤンド”ということです。この精神?が集中力に繋がっていくようです。
単なる“乗り”では興奮はしても集中は難しいようです。

2.
 1.の全音音符を4つに“分割”したものです。
ということは、全音音符を弾いて音が響いている間に入っている手・手の平・手の甲などの力と意識が抜けたり弱くならない状態のまま、4つの4分音符を弾かなければいけません。
これが意外と難しいものがあります。勘違いしやすい部分かもしれません。

1拍づつ力が抜けたり入ったりしては、1拍子が4つある、という感じで響いてしまいます。
細かいことと思わないでくださいね、最も重要なことですから‥‥。
1拍を4つ弾いて4/4という感じ方ではなく、1つの全音音符を4つに分割している、という感じ方です。

これはフラメンコだけでなく、音楽としての絶対に不可欠な感じ方です。
これが理解・実感・実践が出来ていないと、音楽にもフラメンコにもなりません。ただの“ギターを使った雑音の羅列”になってしまいます。気を付けましょう。

3.
 これはさらに細かく8分割されたモノですね。
力の持続が、即、リズムや音の流れを作ると考えてください。
カンテでいえば、息継ぎみたいなことと考えましょう。一声出すたびに息継ぎしていてはカンテになりまらんね。

歩くことで考えれば、一足ごとに脚や腰の力が抜けたり弱まったりしては、まともに歩けないと思います。走る場合には、なおさらですね。
でも、ギター、特にフラメンコギターを弾いている人を見ると、指の一つの動きで音が出るたびに力と意識が抜けてしまったり弱くなってしまっているのを、頻繁に見ます。結果、“一音に魂を入れているつもりで”音がデカいだけで説得力も無いし、そもそも指が動かない‥‥哀しい現状のようです。

4.
 同様に3連符を使った例です。
余裕のある人は様々な“分割”で練習してみてください。
運が良ければ“何らかの閃き?”を得られ、突然指が速く動き出すと思います。

5.
 しかし、何事にも好みもありますので、指が速く動けば良いというものでもないのですが、現代のフラメンコギターの世界の標準?ということで、動画付きで紹介するのがこの6連符、です。
このくらいは誰にでも弾けるはずのレベルです。本場に行けば素人さんでもゴロゴロいますからね。
日本でもこのくらいはゴロゴロと居て欲しいところです。何しろ67歳の私でも軽くできていますので‥‥(聞きようによっては、感じ悪い表現ですね‥‥<(_ _)>)



あくまでも標準レベル、ということで目指してください。
とっくにできているよ!!という人がいたら、ご一報ください。
良かったら、一緒に気持ち良いことをしませんか!? 低給優遇?しますよ!!(^^ゞ
posted by 羊飼い at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋

2017年07月31日

マイブーム

 ちわ〜、マイケルで〜す。
マイケルが最近ハマッていること、それは食後のコロコロです。
抜け毛とちょっとしたフケがあったらしく、ご主人様が初めてやってくれたコロコロ。
その感触がたまらなく気持ちが良かったのです。

colocolo.JPG

今では食後のデザート代わりにおねだりしてやってもらっています。
ご主人様はクシとかブラシを使いたいらしいのですが、感触が違うのです。
余りの気持ち良さに声が震えてしまいます。
人間どもには分からないでしょうね‥‥

あ〜っ、ソコソコ、たまんない〜!!

※クリックすると情けない動画が見られます

posted by 羊飼い at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のマイケル

2017年07月29日

NHKからの電話

 昨日の昼過ぎに、突然NHKからの電話があった。

だいぶ昔の札幌時代のことなのだが、“音楽大陸・北海道”という番組で、アノ西城秀樹さんをメインゲストとした音楽番組があったのだが、何故か私も出演してギターを弾いたことがある。
たぶん全国放送ではなかったと記憶しているのだが‥‥。
 
一世を風靡したフリオ・イグレシアス氏の息子さんのエンリケ・イグレシアスさんが歌って世界的なヒットとなった『Bailamos(バイラモス)という曲を西城さんがカバーして歌っていたのだが、その中で、どうしてもフラメンコギターの音が欲しい、ということで、当時やはり突然NHKさんからの連絡で出演することになった。
他のミュージシャンたちは東京から来ていたのに、なぜかフラメンコギターだけは現地調達?だった。

普段は譜面などは使わないフラメンコなのだが、この時は譜面が渡された。
ホピュラー系の歌のバックの演奏、つまりカラオケ風の伴奏の場合の譜面は、音符よりも文字が圧倒的に多い。
コードネームと、大体のリズム譜、そしてモード指定のアドリブの指示‥‥。
たぶんクラシック系の音楽しかやっていないミュージシャンには読解不可能?だろう。
やはり時代はジャズが基本、ということなのだろう。

私も20代の前半あたりから、音楽関係の知人たちから“飯ヶ谷君、やるやらないはともかく、音楽の基本としてジャズの基本的なことは勉強しておいた方が良いよ!!”と、しつこく言われていたので、仕方なく?アレンジもやっていたキーボード奏者に習うことにした。
コードとコードスケール、コード進行の基本と代理コードの使い方、分数コード、そしてモードについて‥‥等々。
なかなか実感とした理解ができなかったことを覚えている。
頭では理解できても、自分のギターの演奏での応用になると、なかなか難しく感じていた。
しかし、こんな程度でも経験しておいたお陰で、いつの間にかスタジオミュージシャンたちが使う譜面が、なんとか理解できるようになっていた。

前置きが長くなってしまったが、なんとこの時の番組の一部が収録されたDVDが発売されることになり、映像使用の許可をお願いしたい、ということだった。
もちろん気持ち良く承諾。更にギャラも発生するとのこと、そして後日このDVDも送ってくれるとのことだった。楽しみ〜!!
昔の資料を探してみたら、画像が悪いが当時の静止画像が出てきたのでアップしておく。懐かしい〜、髪の毛がある!!

札幌時代の一コマ、です。

title.jpg hideki-2.jpg

posted by 羊飼い at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記