2017年03月28日

ヘレスの子供たちのブレリアのリズム練習-補足

palma.JPG

 この記事?、結構読んでくれている人が多いようです。
logを見ると、どのページが多く読まれているかがわかる仕組みになっていますので‥‥管理者特権?です。

ところで、このフラメンコ処方箋はレッスンの形態をとっていません。
皆さんが“本気で”練習に取り組む際の問題提起、或は練習時に気にして欲しいことの抜粋、として書いているものです‥‥と以前に書いたにもかかわらず、お問い合わせ先にメールで質問してくる人がいます。
申し訳ありませんが、返信は一切できませんのでお断りしておきます。

と、前書きはこのくらいにして‥‥
ブレリアスのリズムの感じ方、なかなか実感として理解できない人が多くいるようです。
一番多いのが“12拍目からファルセータが始まっているから、やっぱりブレリアスは12拍目から始まっている‥‥”という初歩的な疑問を持ってしまう人が多くいる、ということです。
確かに、そのように聞こえるかもしれませんが、実際に音として弾いていない拍のリズムが感じられるかどうか‥‥ということだと思います。

このヘレスの子供たちが動画の後半で“1-2-3,1-2‥‥”言葉で言えば“ウン-ドス-トゥレス-ウン-ドス‥‥”と言ってリズムに入っているのを、丸暗記して欲しいところです。

前半の“1-2-3”は、一緒にリズムを感じるための導入部分?としてのもので、日本で言えば“せ〜の”的に考えてください。
また、12拍単位として考えた場合のコンパスの後半の“6-7-8-9-10”つまり“1-2-3-4-5,6-7-8-9-10,1-2”の感じ方の後半の6-7がウン、8-9がドス、そして10がトゥレス、になっています。2拍単位で感じている部分に注目してください。
直後の1-2、つまり11-12から始まるような数え方をしているわけです。

“1-2-3,1-2-3,1-2,1-2,1-2”というのは外人向けの基本的なリズムの数え方、でしかないことを理解する必要があるでしょう。これだけではコンパスの説明にはなりませんからね‥‥。

さて、ここでギターが音を出すタイミングですが、実際には様々な場合があります。
いずれにしても、キメの10拍目を意識、或いは“絡めて”弾き出すことが多いようですが、音を出していないからリズムがない、感じていないということではありません。
たとえ12拍目から音を出していても、頭の中ではキメの10拍目を意識して、直後からリズムをハッキリと感じて弾くことが普通です。
中には9拍目の裏から入っているファルセータもあります。でも、リズムの感じ方は前述の“1-2-3-4-5,6-7-8-9-10,1-2”の感じ方の上にギターが鳴っている、ということです。ちなみに、大昔は1拍目から感じて弾くことが普通でしたね。

言葉だけで説明しようとすると、かえって小難しく感じられるかもしれませんが、音の出始めがリズムの頭ではない、ということを肝に銘じるしかないようです。
頭乗りの3拍子のクセがついたままでは、フラメンコだけでなく、ラテン音楽やジャズも理解できなくなってしまうでしょう。私たち日本人の致命的な欠点の一つです。

メトロノームを持っている人は、3拍子に設定して、アクセントの“チン”という音を1拍目ではなく、3拍目でチン、という感じ方でギターの練習をしてみてください。
意外に簡単に“頭乗り”の悪癖から逃れられるかもしれません、お試しください。
1-2-チン、4-5-チン‥‥。結構楽しいですよ!!

頭乗りの悪癖退散!!

posted by 飯ヶ谷 守康 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋

2017年03月27日

著作権料が振り込まれていた

 著作権料が振り込まれていた。
といっても、売れっ子の作家や音楽家が受け取るほどの金額ではないことは当たり前、一言で言えば‥‥たばこ代程度‥‥というほどだ。
また、私程度の場合は、年1回の振り込みしかない。という訳で、私的にはボーナス?的な位置づけで考えている。

しかし、もう30年以上のレコードと20年以上も前のCDの、たった2つのアルバムの著作権料が、いまだに振り込まれるということは、或る意味ありがたいことだと思う。金額はさておいて‥‥。

それぞれが発売された当時は、結構な金額の著作権料が振り込まれていたものだ。
こんなに貰って良いものだろうか!?‥‥と感じるほどだった。正直、嬉しかった。
ただ、年々金額が少なくなって、数年後には桁が1桁少なくなっていった‥‥(^-^;

今回の著作権料の主な内容だが、BGMと有線ラジオ放送によるもの、とのことだ。
BGMって何なんだろう‥‥? 分からない。
有線放送は、結構長い間いただいている項目?だ。
放送局の担当者が選んでの放送と、視聴者からのリクエストによる放送とがあるらしい。
いったい、誰が何処でリクエストなんかするんだろう‥‥? 分からない。

大昔、自分の曲が流れる、ということを知人から聞いて調べてみたら、フラメンコ専門チャンネルがある、ということを初めて知った。そのチャンネルでは24時間、フラメンコばかり流していた。
その頃はパコ・デ・ルシアの曲が何曲か流れた後に私の曲が数曲流れていた‥‥ちょっとばかり悪意を感じたものだ(^^;)。
直後がサビーカス、だった‥‥なんていう順序で流すんだ!!とクレームをつけたくなったことを覚えている。

しかし、まだまだ頂けるものなら頂いておきたい、と思う。たとえたばこ代程度とはいえ、ギャラの一部?として有り難く頂こうと思う。

どうでも良い話で恐縮です。<(_ _)>
posted by 飯ヶ谷 守康 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2017年03月25日

ついに買ってしまった-その後

 また同じネタで恐縮、です。

本当はWindows Surface Pro 4が欲しかったのだが、評判がイマイチなのと高価なので購入をためらっていたのだが、ほとんど同じくらいの機能を持っていて、たまたまの格安販売につられて買ってしまったのがASUSのTransBook3 T303UA‥ということは前回書いた通り。

思えば、タブレットもスマホもASUSを使っている。台湾製だがとても丁寧な作りで気に入っている。
ASUSといえば、あの東日本大震災が起きた直後から、誰も目にすることがないパソコンなどの基盤に“がんばれ日本!”的なメッセージが書かれていた、と聞いて以来、すっかりファンになってしまった、という理由もある。

ところで、先日紹介した動画(https://www.youtube.com/watch?v=D_PgKyqE3RU)を見て以来、心というか頭の片隅からこの動画のことが離れない。
簡単に言えば「ペンで書いた音符がどんどん浄書される楽譜ソフト」ということだそうだが、とても気になっていた。Surface Proじゃないと動作しないかもしれない‥‥と思いつつ、“え〜い、たかだか7,000円じゃないか!”と清水の舞台から飛び降りる覚悟?で、ついにStaffPadも購入してしまった。

カード決済後、すぐにダウンロード。
さぁ、動くかな〜と恐る恐る起動したみたら、あっけなく作動した‥‥。
いつも使っている譜面作成ソフトのFinaleもペン入力できるようになったので、今までよりは効率良く譜面が書けるようになったのだが、このStaffPadでは、本当に鉛筆などで譜面を書く感じで作れる。凄く自然な感じで不思議だ。

もちろん、音数の多い譜面や精密な譜面に仕上げる場合にはFinaleの方が格段に優れているが、ちょっとしたアイデアやメモを取る感じで譜面を作りたい場合は、StaffPadの方が非常に扱いやすいし優れているようだ。
それに、保存時にmidiファイルで保存すればFinaleに簡単に移せるし‥‥凄い。

レッスンの時に、生徒さんによって異なる悪い癖を修正するためのちょっとした練習課題、或いは細かな説明に必要な譜面は、いちいち五線紙ノートにその場で手書きして渡していたのだが、これからはStaffPadで書いて直ぐにプリントして渡せそうだ。
それに、書いたものを保存できるので、とても便利に使えると思う。
いろいろな使い方が出来そうだ。

もし、譜面を必要とする人がいたら、ぜひともお薦めしたいツールだと思う。
買って損は無かった‥‥。

staffpad.jpg
posted by 飯ヶ谷 守康 at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記