2018年12月30日

もう2つ寝たらお正月

 いよいよ今年もあと二日を残すばかり‥‥と言っても、昔から年末年始の感覚が薄かった私としては、特段感じることは少ない。ただ年と月が変わるだけだし‥‥。
そのせいか、子供の頃から“可愛げが無い”とか“おじさん臭い”とか“面白味の無いヤツ”‥‥などと言われ続けていたのも、なんとなく理解ができる。普通だったら若年性痴呆症になるよ!!‥‥と小学校時代の同級生の内科医から言われたことがある。

そんな感じの性格なので、今年の総括とか新年の抱負などというのは、ほとんど考えたことは無い。
ただただダラダラと時の流れに身も心も任せて生きている‥‥そんな生き方をしてきた。
まさに“ボーっと生きてんじゃねーよ!!”とチコちゃんに叱られる人生なのかもしれない。

自分の予定・希望・夢の通りに行くことは、ごくごく稀だと思ってる。
“夢は必ず実現する!”なんて詐欺師まがいのことを平然と言う人が結構いることに驚く。
それが真実だとしたら、不幸な人はいなくなる筈なのだが‥‥。
懸命に、そして寝る間も惜しまず勉強した友人は、大学受験に失敗して自殺してしまった。
細々ながら雑貨屋を営んでいた知人一家が、学園紛争のさなか、バカな学生たちによって家を破壊され、後日、一家心中してしまった。
こんな不条理な悲劇は、無くなって欲しいものだ。

良く言われることだが、人偏(ニンベン)に夢と書いて“儚い”という言葉、或る意味真実を突いていると感じている。
ごくごく運の良い人、カネとコネを持っている人だけが夢を現実のものにできるのだろう、と思っている。
普通の人にとっては、夢はいつまでも夢で終わる場合がほとんどのようです。

同じような言葉に“若い人には無限の可能性がある‥‥”というのがある。
でも、ほとんどの人は可能性を秘めたまま、あの世に行ってしまっているように感じる。
哀しい現実の一つなのだろう。

私が尊敬している数少ない人の中のひとり、高校時代の古典の先生なのだが、いつも言っていたことの一つに‥‥“コツコツで良いから努力し続けなさい。また、結果は付いて来るもので、追うものではない‥‥。結果だけを追い過ぎると、逃げられるだけだ!!”‥‥たぶん、正解だと思う。

とうことで、今年も何となく終わり、嫌でも年は明けてくる‥‥という程度の感慨しか持てない。
“つまんねーヤツだな!!”と、やはりチコちゃんに言われてしまう人間なのだろう。

兎にも角にも‥‥二日後には2019年が始まる。
チコちゃんに叱られようとも、これからもボーっと生きて行くつもりである。

この書き込みを読んだ方は‥‥良い年をお迎えください。

mandala_3.jpg


【タマ〜に書く日記の最新記事】
posted by 羊飼い at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2018年12月27日

寝たふりに限る‥‥

 何やら大寒波が来るということで、今日あたりから妙に寒気を感じる。
ご主人様が、僕たちの為?に買ってきてくれた長座布団が、これがヒジョーに具合が宜しいようです。

2018_12_02.jpg
マイケル:おぃっ、サラ‥‥オレたち退かされそうだぞ!?

2018_12_01.jpg
サラ:私、今来たばかりなんだけど‥‥!?

2018_12_03.jpg
マイケル:見るな!! 寝たふりしろ!?


posted by 羊飼い at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のマイケル&サラ

2018年12月24日

今年の予定が終わった(^◇^)

 昨日の23日で、今年の仕事が全て終わった。
今年は昨年よりも、少しばかり忙しかった。
といっても、年齢を考えて仕事を減らしているというのが正直なところ。
それに、自然減少ということもあるのだが‥‥(^-^;

仕事で弾くよりも、自分の部屋であーだこーだとギターを弾いている方が、実は楽しく充実感があったりして‥‥。
あのパコ・デ・ルシアも自伝の中で“自分の部屋でギターを弾きながら自分と向き合う時間が楽しい‥‥”みたいなことを言っていましたね。
一日でも長く、こんな時間を過ごせるようにしたいものです。

でも、こんな書き方をすると、とてもプロとは感じられませんね〜!!
ほとんど、アマチュアの世界と変わらないかもしれない‥‥ちょっと複雑な気もするが‥‥!?

ま、残り少ない時間を、自分が納得することだけに使いたいと考えている。マズイかな〜!?
なんて言いつつ、90歳くらいまで生きてしまったら、それはそれで困りものだ。
ギターが弾けていれば良いかもしれないが、80歳くらいでこの世とオサラバするのが理想だと思う。
もちろん、もう少し早くても、ま、良いかな、と思っている。

なんか、聞きようによっては暗く感じられてしまうかもしれないが、知人・友人がひとり、またひとりとこの世を去っている状況を見ると、自分もそんな歳になったのだと思わざるを得ないようです。

今日はクリスマスイブ、と言っても、自称チベット仏教徒の私には関係のないことなのだが、久しぶりに本格的なバエージャを作って、デザートにはクリスマスケーキぐらいは食べようと思う(*^^*)。
きっと血糖値が上がってしまうんだろうな〜、と気にしながらも、食べてしまう自分の弱さが呪われる。

とにもかくにも、今年もなんとなく終わりそうな予感。
こんなことを書いていられる状況に感謝するのが良いのだろう。

posted by 羊飼い at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記