2017年03月11日

また誕生日が来た!

お晩で〜す!!
今年もマイケルのお誕生日が来ました。
毎年思うのだけれど、東日本大震災が起きた日と同じ‥‥素直に喜べないのが残念なのである。
でも、ご主人様たちが祝ってくれるので、まぁ〜良しとしよう。

誕生日祝いの一つとして、チュールを食べさせてくれました。
最初はギターの生徒さんが持ってきてくれたんだけれど、
とっても美味しくて‥‥ついつい寄り目になりつつも食べてしまう‥‥ちょっと恥ずかしい‥‥。

今年でマイケルは7歳になりました。
ご飯もシニア用とかに変わるらしい‥‥んっ!?‥‥もうトシということか‥‥!?
ま、良いか‥‥
来年の誕生日も、元気に迎えたいものです。


m-1.JPG

m-2.JPG
※クリックするとアホな動画か見られます
posted by 羊飼い at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のマイケル

2017年03月01日

減量‥‥


 どうでも良いことなのですが、ちょっと自慢?してしまおう!!

実は、体重のことなのだが‥‥
ほとんど一日中椅子に座ったままギターばかり弾いているせいで、徐々に体重が増えてしまっていた。
20代前半くらいまでは、それでも基礎代謝量でカバーできていたのだが、徐々にカバーしきれなくなっていたようだ。

厄年の25歳の時に、日本中を駆けずり回り仕事をしていたのだが、過労と大好きなチョコレートとコーヒーの採り過ぎで、潰瘍になってしまった。
神戸の仕事から帰ってきたとたん東京駅で吐血、すぐに救急搬送され1か月半も入院していた。
でも、その時でさえ体重は72キロはあった。
担当医曰く“こんな太った潰瘍患者は初めてです!”と言われてしまった‥‥恥ずかしかった。
ただ、運良く手術は避けられ、投薬治療で回復、初めての入院生活だった。

それから少しは気を付けていたのだが、健康状態が良くなるに従って、またまた徐々に体重は増えていった。
やはり運動不足のためだったのだろう。
たまにプールに行って泳いでいたのだが、足りなかったようだ。

それからウン十年も経った去年、胆嚢摘出手術をして以来、何故か胃袋が小さくなったようで食事の量が減ってしまった。
ちょっと食べるだけでお腹いっぱいになってしまう。
更に、医師の勧めでウォーキングを欠かさずしているのが効いたのか、3か月で12キロくらい減量に成功した。
20代前半と同じくらいになってしまった、というだけの話です。
以前は“腹筋は3段くらいの横割れ?”だったのが、毎晩のゆる〜い筋トレの効果か“縦割れ”になりつつあるようだ。

ただ、体重と共に体力も減ってきた感じがしないことも無い。
特に左手の押さえが甘く感じる今日この頃、ちょっと危機感!!
ゆる〜い筋トレを、もう少しだけキツクした方が良いかもしれない。
いずれにしても、“老マッチョ”を目指して頑張ってみよう、と思う。

macho.jpg
つまらない話しで恐縮です。

posted by 羊飼い at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | タマ〜に書く日記

2017年02月25日

アポヤンドの秘密-3(指の戻り方)

 前回書いたアポヤンドの秘密-2(作用と反作用)の補足、ということで、今回は“指の戻り方”について考えてみましょう。
何かと言うと私がしつこく言っていることの一つに“フォロースルーをしっかりと‥”というのがあります。
この目的は‥‥

1)音を出すだけではなく、必要なだけ響かせる
2)指の戻り方をコントロールする
3)右手の安定のため

‥‥と、大きく分けても3つの効果・働きを得るためなのです。
指の動きが小さ過ぎると右手がバタついたり、無駄な軌跡で動いてしまったり、音の説得力が少なくなってしまいがちです。
ただただ力を込めて弦に得寝るギターを与えても、大きな音は出るかもしれませんが、煩いだけで説得力の無い音になりやすいのです。といっても、聴く耳を持っている聴衆が‥‥残念ながら日本では少ないのが哀しい現状ですね。
強い音、大きい音と説得力のある存在感のある音とは、重なる部分もありますが異なる部分が大きいようです。

話を戻しましょう‥‥
指の戻り方、簡単に言えば“来た通りのままに戻る”というのが基本です。
試しに@弦で良いので、右手のi(人差し指)で往復運動?をしてみてください。
ちょうど@弦だけのラスゲアード?のような感じで↑↓する感じです。

では次に、やはり@弦だけのラスゲアード?のような感じで、今度はm(中指)で↑↓してみてください。
どうでしょうか!?、iの時と同じような力の入り方、同じような動きで弾けているでしょうか!?
さらにa(薬指)でも試してみてください。

動き方・戻り方が良くない場合には、自転車のペダル漕ぎ?のようになったり、右手の甲が上下に動いてしまったり‥‥しやすいようです。
特別に悪い癖がない人の場合はmの指の時が、無駄な手の甲の動きが無く、ほとんど同じ軌跡で↑↓できるようです。
もし、iの時に手の甲の動きがバタバタしている人は‥‥かなり問題があると思ってください。あらゆるメカで指の動きが悪い、或いは大きく損をしているとか思ってください。なるべく早めに力の使い方・動かし方を修正しないと、悪い動きのまま癖になってしまい指が動きづらい状況が固定化されてしまう危険があります。

i・m・aの動きが基本的に同じような軌跡で動き、どの指も同じような力の使い方で動かせている人は、そのまま自信を持って、気持ち良く弾き続けてください。全く問題は無いでしょう。

指の戻り方が正しい範囲に入っていれば、次の音の弾弦が素早くコントロールできる、ということに直結します。
つまりは“速い動き”にも対応できる、ということなのです。
音を響かせるということも、容易くできるはずです。結果的に、説得力・表現力も付くようです。(左手の使い方も関係するのですが、今回は‥割愛‥!!)

大昔に注目された“挟み弾き”がコレなんですね。といっても、若い人には“ナンダソレ〜!?”だと思います。50歳以上のギタリスト、或いはフラメンコマニアを見つけて聞いてみてください。
パコ・デ・ルシアが若い頃に毎日練習していたことの一つです。
効果絶大、ですよ!!
posted by 羊飼い at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコ処方箋